SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.08

【F1第12節/大阪×仙台】まだまだ大きな爪痕を残す大阪。キャプテンは「何か心に響くような試合をしなければいけない」(大阪 小曽戸允哉)

PHOTO BY軍記ひろし

9月8日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 共同開催 大阪ラウンドが開幕した。2日目の第4試合でシュライカー大阪は、ヴォスクオーレ仙台と対戦し6-4で勝利した。

ホームアリーナでの共同開催初戦を迎えた大阪は、5分に堀米将太のゴールで先制するとその後も加点に成功。前半は3-1とリードして終えた。

後半も大阪が先にスコアを動かし、24分に稲田瑞穂がこの試合2点目を奪う。5-2で迎えた試合終盤には仙台のパワープレーを受けて、シーソーゲームの展開に。しかし逃げ切りに成功した大阪が、共同開催大阪ラウンド初戦を白星で飾った。

観に来てくれたお客さんに良い試合を

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

(フウガドール)すみだ戦で負けてしまって、プレーオフ争いに向けて勝たなければいけなくなって来ました。試合の中でたくさんチャンスを作り、たくさん点を取って良いところ多かったです。その中でミスがあったところで失点をしています。プレーオフを争うチームなので、そう言うところを修正して、セントラル開催は連勝したいと思います。

──ミスが多かったとのことだが、具体的に守備の部分で悪かったところはどこか。
定位置のディフェンス、4人とGKが揃った状態ではやられていません。こぼれ球や切り替えのボールに対してが悪かった部分です。あとはパワープレー。他には読みの部分も足りなかったかなと。しかしフィールドの4人とGKがいる時の守りは悪くなかったです。バランスが取れているから、カウンターでチャンスが作れました。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

今はむずかし時期で、台風や地震があり、その中で開催するにあたりむずかしさはありましたが、僕らとしては、観に来てくれたお客さんに良い試合を見せたいと思い一生懸命戦いました。結果、勝ち点3を取ることができて良かったと思います。ただ、まだミスが多くて最後に追い上げられたので、切り替えて修正して明日の試合に臨みたいと思います。

──大阪も被害の大きさを感じさせる状況だが、そういったものを含めて明日の試合への意気込みを。
台風が去ったのはついこの間で、まだまだ普通の生活に戻れていない人もたくさんいます。その中で、大阪で開催する決断をしたこともリーグとして難しかったと思います。それでもやると決まった以上は、来てくれるお客さんやテレビやネットを通じて見てくださる方たちに何か心に響くような試合をしなければいけないと思っています。一生懸命熱く戦う姿を見て欲しいなと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami