SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.08

【F1第12節/町田×浦安】ゴールがなかなか決まらずなんとか1-0で勝利した町田。「とにかく勝ち点3を拾えるように」(町田 岡山孝介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月8日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 共同開催 大阪ラウンドが開幕した。この日、最後のカードはペスカドーラ町田対バルドラール浦安の関東勢対決になった。

試合は互いに一進一退の攻防を続けるが両社得点は生まれずスコアレスで前半を終える。後半も同様に攻め続けた町田だったが浦安の堅い守備を前に攻めあぐねていた。

しかし後半26分、ゲームの均衡がようやく破れる。金山友紀が放ったシュートのこぼれ球を中井健介が詰めて先制に成功。結局このゴールが決勝弾となり町田が勝ち点3を手にした。

大阪ラウンドでの2連勝はマスト

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

立ち上がり、攻守共にいつものプレーができず苦戦してしまったんですけど勝つことができてほっとしています。どんな試合でも全試合圧倒して勝つことは難しいので、1点差でも2点差でもいいのでとにかく勝ち点3を拾えるように頑張りたいです。

金山友紀(ペスカドーラ町田)

監督も言ったとおり、勝ち点3を取り切ることが重要なのでよかったと思いますが思ったような内容にできませんでした。相手が昨日試合してて疲れはあったと思いますが2試合目ということもあり動きも良く、特に前半はアグレッシブにディフェンスに来たところをうまく回避できなかったところもありましたが1試合を通してしっかり我慢してイゴールを中心にディフェンスからというのができたのでそこは継続したいです。去年、大阪で浦安に負けて苦しい思いをしましたが今日はしっかり勝ち切ることができたのでそこだけプラスに捉えて、明日もあるのでここでの2連勝はマストなので達成できるようにしっかり休んで明日に向けて頑張りたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami