SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.09.09

【F1第13節/すみだ×湘南】前日の試合後に選手たちが口論「賭けだったがプラスに出た」(湘南 奥村敬人監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月7日(金)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 共同開催 大阪ラウンドが開幕した。最終日の9日(日)第2試合で湘南ベルマーレは、フウガドールすみだと対戦し1-0で勝利した。

2連戦の中で迎えた両チームの対戦だったが、立ち上がりから素早い切り替えを見せる。迎えた10分に湘南は相手にPKを献上するが、ここはGKフィウーザが好セーブ。さらに前半終了間際にも6つ目のファウルから第2PKを与えたが、ここもフィウーザが立ちはだかり前半はゴールレスで終えた。

迎えた後半も拮抗した展開の中、31分に相手陣内の浅い位置でボールを受けた小門勇太が、相手を背負った状態から反転して左足を一閃。これがネットを揺らして湘南が先制した。38分からはすみだがパワープレーを仕掛けて来たが、湘南はこのリードを守りきってホイッスル。共同開催大阪ラウンドを1勝1敗で終えた。

言いたいことを言い合った中で迎えた試合

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)

疲れました。酸欠っぽいです。(刈込選手の方を向いて)選手は?(笑)。僕は酸欠状態です。まず、大阪に来て、道路の信号も曲がり公園の木もなぎ倒されて、今もそうですが大変な状況だったなとリアルにわかって、その中で無事に開催されたことはたくさんの方の尽力のおかげだと思います。ありがとうございますとお礼を申し上げます。また、北海道も地震で大変な中、(エスポラーダ北海道の)小野寺(隆彦)監督にすぐ連絡をとって、チームは大丈夫だよとの連絡をもらいました。小野寺監督は、神奈川の舞鶴に高波が発生したときに、真っ先に連絡をくれました。(昨日の)会見で泣かれたと聞いたので。素晴らしい仲間だと思っています。1日でも早く復興することを願っていますし、僕らはフットサルを通じて、多くの方々に元気を分け与えられたらと思っています。試合は苦しいというより、お互いが良いところを出し合った試合だったと思います。フィウーザが、PKと第2PKを止めてくれました。後ろにいたサポーターの声援などが少なからず(相手の)プレッシャーになったと思いますし、全員が勝ちたいという気持ちがフィウーザに乗り移ってビッグセーブ2本に繋がったと思います。府中戦で内容は悪くない中で負けてしまい、チームとしてどう立て直すかを1日考えました。喧嘩というか、言いたいことを言わせようということを少しやりました。今日の試合はそこがプラスに出たと思います。本当に賭けでした。その中で1人1人が自分の責任を果たしてくれましたし、抜かれても誰かがカバーする。そこの部分で全員が戦い切ってくれたことが1-0の得点に繋がったと思います。今季は失点が多く、選手、コーチなど全員がわかっている中で、一生懸命にやっていても防ぎきれませんでした。何が足りなかったのかという中で、もう1ついけていたという部分がこれまでは足りていなかったのかなと。それができた選手は頼もしかったですし、素晴らしかったと思います。とはいえ、まだ6勝5敗2分けで1つの勝ち越しです。ここには2勝するつもりで来て、その結果を得られずに満足できないですが、こういう試合を乗り切ってプレーオフの舞台に戻れるように一丸となって全員で頑張っていきたいと思います。

──セットで戦い方のカラーが違うように感じたが、特に小門選手、本田(真琉虎洲)選手、ロドリゴ選手など個が強い選手のセットは定位置攻撃が多かったと思うが、それは狙い通りか。
選手のストロングポイントを生かしたもので、ジャッピーニャとロドリゴは一対一で剥がせますし、前で小門と(横澤)直樹は良いポジショニングをとって、高い位置で攻撃ができます。相手からしたらやり辛さがあるのかなと。今日はロドリゴが栗本選手のマンマークに苦しみましたが、最終的には高いラインで小門が反転してシュートを決めましたので、狙い通りというか。逆に刈込たちは早いテンポでボールを回して、プレスをかけて、裏につなぐ。相手からしたらセットをうまく組んでこないとミスマッチが起こりやすいような形にはなっていると思います。

──見ていて、個が強いセットが崩せずにじれったい展開のように感じたが
そう見えるようで、逆に相手からすると、押し込まれて高い位置を取られています。カウンターをしにくいでしょうし、そういう心理戦。お互いに我慢をしあうところで、ギリギリの勝負だったと思います。

──すみだが得意のトラジションを出せなかった要因なのか。
相手は一対一で来て、最終ラインに2枚下がるので、3枚目がなかなか上がってこれない状況に繋がったと思います。

刈込真人(湘南ベルマーレ)

大阪の皆さんが大変な中でFリーグを開催できて嬉しく思います。僕たちは思い切ってプレーするだけで、そういった思い切ったプレーを見て、パワーを受け取ってもらえれば嬉しいなと試合に臨みました。(昨日は)言い合いもありましたが、その中でまとまりました。また、今日は絶対に勝たなければいけなかったのでその目的を忘れずに試合に臨みました。フウガも良いチームで、フィウーザがPKや第2PKを止めてくれたときに1点の勝負だなという思いが強くな理ました。その中で(小門)勇太が決めてくれたので、チームでいける雰囲気、一体感が増しました。パワープレーのディフェンスは自信を持っているので、パワープレーをして来ても逆に返してやろうと臨みました。クリーンシートで終えられたことは、今後にとって良い材料だと思います。来週は久しぶりにホーム開催で、今日以上の声援があるので、勝つために準備して一週間戦っていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami