SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.26

【2020W杯】2020年のフットサルW杯はリトアニアでの開催が決定!! 愛知での開催を目指した日本は落選…

PHOTO BYリトアニアサッカー協会

愛知開催を目指した日本は惜しくも落選

2020年のフットサルワールドカップ開催を目指した日本だったが、国際サッカー連盟(FIFA)は26日に開催地がリトアニアに決定したことを発表した。

2020年のフットサルワールドカップに向けて日本とリトアニアの他にイラン、ニュージーランドが立候補していた。FIFAは26日に、キリガでFIFA評議会を実施。FIFAの会長を務めるジャンニ・インファンティーノ氏は会見で「フットサルワールドカップ2020はリトアニアでの開催となる」と伝えた。愛知での開催を目指した日本だが、残念ながら破れる結果となった。

愛知県に本拠地を構える名古屋オーシャンズは、公式HP上でコメントを掲載。キャプテンを務めるFP星龍太、日本代表FP吉川智貴がコメントを残している。

◆星龍太(名古屋オーシャンズ)

「残念ながら日本には決まりませんでした。次、日本にワールドカップを招致できるように、フットサルのレベルの向上ももちろんですが、もっとフットサルというスポーツを会場に観にきてもらえるように盛り上げて行くことが大事だと思います。」

◆吉川智貴(名古屋オーシャンズ)

「ワールドカップ開催地が愛知県に決まらず非常に残念です。世界の強豪国が日本に集まりフットサルの魅力を愛知、日本のみなさんに肌で感じてもらうチャンスだと思っていたので残念に思います。しかし、選手達のやることは変わりません。2016年ワールドカップに出場できなかった借りを2020年では返さなければいけません。まずはワールドカップの出場権を獲得し、本大会で良い結果を残し、(開催地)から日本を盛り上げたいと思います。まだワールドカップまで2年あるので、クラブでの日々の練習、試合を全力で取り組み2020年に繋げていければと思います。」

▼ 関連リンク ▼

Bitnami