SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.06.24

【女子F第1節/浦安×府中】ホームの声援に応えられず……。「この舞台に慣れていない」(米川正夫監督)

PHOTO BY本田好伸

6月24日(日)、GAViC Presents 日本女子フットサルリーグ2018の第1節、バルドラール浦安ラス・ボニータスと府中アスレティックFCプリメイラの一戦が浦安市総合体育館で行われ、0-3で府中が勝利を飾った。

昨シーズンのリーグ戦で1位となった府中(※プレーオフの結果、アルコイリス神戸に敗れてリーグ準優勝)を相手に、浦安は立ち上がりわずか1分半で2失点。その後はペースを握って戦うシーンも増えたが、ゴールを挙げることができないまま、後半に駄目押しゴールを許して初戦を落とした。

ホームチームの方がプレッシャーを感じていた

米川正夫監督(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
立ち上がりで2失点して、最悪のスタートでしたし、去年もホーム戦で負けていましたから、やはりこういう(お客さんの多い)舞台でやることに慣れていないのは間違いないなと。逆に、ホームチームの方がプレッシャーを感じて良いレーをできていません。後でビデオを見ないと分からないですが、失点シーンは相手のファウルではないのか、そうではなかったのか。トータルして、審判のレベルが高くはないので、きちんとやってほしい。(レフェリングへの)ストレスが多すぎる。誰が見ていてもそうなのに、審判だけが違うと。こちらは、ケガ人がいたり、移籍選手がいたりと、高い質を保てる選手が少ないので、ゴレイラを(パワープレーのように)上げる戦術も使わざるを得ない状況です。うまくいっているところもそうではないところもありますが、長いシーズンで戦術を駆使して、深さをしっかりと作って、精度を上げていきたいです。このトップリーグで結果を出して、最終的にプレーオフにいけるように、来週に向けてしっかりと準備をしたいです。
──2週間前には関東リーグで府中と引き分けでした。相手の変化を感じたか。
ゴレイラを上げることは、向こうが対策していないと思っていたが、水平(方向)に(選手がマーカーを追い回す戦術の)ジャンプするのが早かった。それに対する準備は話をしました。引いた時にゴレイラにプレスを掛けてくることは見えていたのですが、今回の方がより明確に狙ってきているなと。それ以外は別段、狙いは特に見えなかった。相手に対してどうしてくるといった引き出しがあるとは感じていないので、そこは自分たちが攻略できていないだけかなと思います。

多田千優(バルドラール浦安ラス・ボニータス)
前半の前半で2失点して、こちらのプランが狂ってしまいました。その後は相手のやり方を見ながらやって、後半は切り替えて前プレで行こうと話して、ハマっていたところもあったし、やれていた部分もあります。ただし、決めるところを決めないと勝てないですし、追いつけない。リーグはまだ始まったばかりですから、下を向いていられないので、監督やコーチの下で、人数は少ないですが、できることをやって一つでも多くの勝ちにつなげたいです。監督も話していた審判についてはストレスを抱えた状態ですが、そこは難しいところでもあるので、私たちはやれることをやって頑張りたいと思います。

──昨日も地域リーグがありましたし、ケガ人が多い事情もある中で、疲れはないか。
人数も少ないですし、出られる選手も時間も違う中で、正直に言うと疲れますが、やらないといけない状況ですし、そこに向けてちゃんと準備をしてきました。やることはみんなちゃんとやっていると思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami