SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.06.24

【女子F第1節/浦安×府中】今年こそは優勝を。「選手も増えた今年は、よりアグレッシブにいきたい」(松田大次郎監督)

PHOTO BY本田好伸

6月24日(日)、GAViC Presents 日本女子フットサルリーグ2018の第1節、府中アスレティックFCプリメイラはバルドラール浦安ラス・ボニータスと対戦して、3-0で勝利を収めた。

府中は、開始わずか39秒で鎰谷佳恵が先制ゴールを挙げると、1分49分にも鎰谷が追加点を決めて2点を先行。その後、相手に押し込まれる場面が続いてが、最後まで集中した守備でしのぐと、26分には藤田実桜の追加点が決まり、リーグ開幕戦を完封勝利で飾った。

浦安はいろんなことをしてくるのでやっていて楽しい

松田大次郎監督(府中アスレティックFCプリメイラ)
まず、2年目の日本リーグが始まったところです。去年よりもリーグとして盛り上げたいなとすごく思っています。そのために自分たちが頑張るところですが、チームは選手も増えたことで、よりアグレッシブに攻撃もしたいと思っています。選手は今日、できることを精一杯やってくれました。ただし、まだ足りないところもあるので、そこは修正が必要です。最初に2点を決めたのはいいですが、3点目を取るまでに時間が掛かってしまいました。(後半に相手が)パワープレーをしてきた場面でも、そこで奪って点を取ろうとしたがうまくいきませんでしたし、守備は途中からふわっとして強度が落ちたので、そこは修正して次節に臨みたいです。浦安はいろんなことをしてくるので頭を使うというか、やっていて楽しい相手です。情報戦と言いますか、いろんな戦い方をするチームが増えれば、今後もいい戦いができるのではないかと思います。
──先々週も関東リーグで浦安と対戦して引き分けでした。そこからの変化を感じたか。
浦安はセットプレーの狙いどころが変わっていましたし、うちはゾーンディフェンスだったので、そこの対策をしてきたなと。そこが少し変わったところ。あとは相手の守備がハーフから守るのか、ゾーンなのかマンツーマンなのかは、関東リーグでもある程度は見えたので、アドバンテージを使えたと思っています。

縄田三佳(府中アスレティックFCプリメイラ)
昨シーズンはチームとして、たまたま良い結果が出たので、この1年は(相手のマークも厳しくなるために)難しいシーズンになると予想していました。先々週、地域リーグで浦安と試合をして引き分けたことで、ここで決着を着けれると気合が入っていましたし、相手もそうだったと思います。相手はメンバーが少ない中でハーフで守ってくることは先日の対戦で分かっていたので、そこをうまく突いて2点差にできました。そこから向こうのペースになったところは改善点ですが、完封勝利できたことはよかったと思います。

──先々週も関東リーグで浦安と対戦して引き分けでした。そこからの変化を感じたか。
特に感じませんでした。どちらかというと、うちの方がハーフで守る相手への対策ができていたかなと。引き分けだったことで、相手はそのままでいけるという思いがあったのかもしれません。ただし、セットプレーは前回の対戦とは違うことをやってきた印象です。

──昨日も関東リーグの試合がありましたが、疲れはありましたか?
疲れはありませんでした。(1-4で)大敗したので、切り替えてこの試合に臨んだので、疲れがドッと出ているような感じはありませんでした。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami