SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.06.24

【F1第2節/浦安×すみだ】開幕2連勝はできなかったけど「とても良いホームの雰囲気でした」(アルベルト・リケル監督)

PHOTO BY本田好伸

6月24日(日)、DUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第2節、バルドラール浦安とフウガドールすみだの一戦が行われ、ホームの浦安が3-5で今シーズン初黒星を喫した。

連勝を目指して挑んだ浦安は、積極的に相手陣内の裏のスペースを活用して13分までで2点を先行してペースを握った。後半、25分に1点を返されながらも直後に永島俊のゴールで再度2点差としたが、28分に1点を返されてしまう。すると29分、永島がこの試合2枚目の警告を受けて退場すると、数的不利な状況からゴールを許して同点に。試合は最後まで一進一退の攻防を見せたが、34分に勝ち越されると、パワープレーで同点を目指していた終了間際にも失点。ホーム開幕戦を痛恨の逆転負けで終えた。

この敗戦を次へのモチベーションにしていきたい

アルベルト・リケル監督(バルドラール浦安)
選手の強度、態度には満足しています。ただ途中で落ち込んでしまったのは残念ですし、その要因については定かではないですが、下がったり上がったりの波が激しかったと思います。
──初の敗戦。内容は良かったと思うが、この負けをどう生かしたいか。
負けてしまったが、そこを分析して次に生かしていきたい。2-2でも3-2でも、スコアに左右されずに考えること。あとは細かいところもいろいろとあるので、そこは練習で改善して、この敗戦を次へのモチベーションにしていきたい。
──監督にとっては浦安市総合体育館で初めてのホームゲーム。雰囲気はどうでしたか?
会場の雰囲気であるとか、ファンもたくさん来て応援してくれて、とても良い雰囲気でした。ホームゲームということで、緊張や固さがあったり、若いチーム、選手という経験の少なさもあったのかなとは思います。ただ負けたところを次に生かして、またやっていけたらと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami