SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.01.20

【F1第30節/名古屋×浜松】東海ダービー史上、最高の一戦を演じた浜松。「負けたけど楽しかった」(浜松 田中智基)

PHOTO BY軍記ひろし

1月20日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第30節の名古屋オーシャンズとアグレミーナ浜松の一戦が武田テバオーシャンアリーナで行われ浜松は名古屋に6-7で敗れた。

残留を至上命題に掲げる最下位の浜松はこの日、序盤から高い集中力と決定力を見せた。1分、一瞬の隙を突いて抜け出した前鈍内・マティアス・エルナンが左サイドからニアに決めて先制。同点とされた9分には、左サイドのカウンターで数的有利になると、前鈍内からフリーで受けた田中智基が決めて逆転した。

12分、16分と立て続けの失点で逆転を許したものの、17分には、中央の田中のパスを右の前鈍内がコースを突くシュートを決めて同点。さらに18分、右の前鈍内からファーの鷲北一輝が合わせて、再び逆転。前鈍内が2ゴール2アシストの活躍を見せて試合を折り返した。

後半、ギアを上げた相手に9分までに3点を奪われて4-6と引き離されたが、浜松は諦めない。36分に左サイドの鷲北が決めて1点差とすると、37分から中村友亮をゴレイロにしてパワープレーを開始。その最初のチャンスで、前鈍内のシュートのこぼれを中村が決めてついに6-6に追い付いた。

しかし38分、この場面でパワープレーに出た名古屋にゴールを奪われてしまうと、最後までパワープレーで再逆転を狙ったものの力及ばず。両チーム合わせて13点が生まれる乱打戦を制すことはできなかったものの、“東海ダービー”史上もっとも激しい一戦を演じて王者に肉薄した。

今シーズン一番いい試合だった

豊島明監督(アグレミーナ浜松)

──今日の試合を振り返って。

言い出したらキリがないので言うのはやめておきます。次の試合に向けて、(リーグ残留への)可能性がある限り最後まで戦っていきます。

──前半から集中力が高く、ずっと課題としていた決定力もあった。どこに要因があるか。

一つ、大きいのは気持ち。技術は飛躍的に伸びるものではないので。メンタルのところは、前半のスタートでマティアス(前鈍内・マティアス・エルナン)がいい形で点を取れたので、そこでプレッシャーが抜けたのかなと。毎回、チャンスは作れるけど(そこで決められなかったので)、決定的なところで決め切る力を出せた。技術よりもプレッシャーがあるなかで、先制点によってそれが解放されました。本来の自分たちの狙いとする攻撃や守備ができました。相手も優勝が決まっていて気持ちの余裕があったのか、こちらの決定力も上がったのか、そういったいろんな要因がありますが、今日の出来には満足しています。ですが、残念なところも多々ありますし、結果を受け止めて、次に向けてやっていきたいと思います。

田中智基(アグレミーナ浜松)

──今日の試合を振り返って。

自分たちが今どこのレベルにあるのか、最下位だからできることかもしれません。今日も勝ちにはこだわって結果的に1点差で負けてしまいましたが、今シーズン一番いい試合でした。間を使ったり、1対1でも戦えました。負けたけど楽しかったですね。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami