SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.02.09

【F1第32節/名古屋×湘南】王者を相手に2-6の完敗……。「次に向けていい材料と反省が出た」(湘南 奥村敬人監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月9日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第32節が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、湘南ベルマーレは名古屋オーシャンズに2-6で敗れた。

未だ無敗の名古屋に初黒星を付けるべく臨んだ試合だったが試合は開始13秒にセットプレーから失点してしまう。さらには2分、7分、14分にも失点を重ねてしまい4点差に。17分に大徳政博がゴールを決めたが18分に追加点を許し1-5で前半を終える。

巻き返しを図りたい湘南は26分に植松晃人の突破からの折り返しを高橋広大が決めて1点詰め寄る。しかしその後はゴールを奪えずGK上原拓也が上がったところをパワープレー返しのようなゴールを決められ試合終了。湘南は5試合ぶりの敗戦となってしまった。

ホームのような雰囲気を作ってくださったサポーター、ファンの方に感謝したい

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)

──試合を振り返って。

ホームのような雰囲気を作ってくださったサポーター、ファンの方に感謝したいです。試合は率直に、完敗でした。立ち上がりで名古屋さんのスピードに対応できず失点を重ねてしまいました。今までのここ数試合の相手とはまったく違うスピード、強度に選手たちが慣れる前に勝負を決められてしまった試合でした。

後半は相手もメンバーを落としてきてスタートから入っていないメンバーもいましたけど、そこで自分たちが点を取りに行かなければいけない中で戦えてましいた。ですが、4点差つけられてからではなく「立ち上がり」からという話はしていましたが練習でその強度まで持っていけていない中で強度をを高くできていないのは僕の責任だと思っています。強度というのは自分たちで上げていかなければいけないですがこういう試合をしないとわからない部分もあったと思います。

そういった意味では今日、ガチンコで戦って名古屋の強さを体感してそこが分かったので次にヴォスクオーレ仙台戦、全日本選手権に向けていい材料と反省が出たと思います。ただ、今日は一度も負けていない名古屋に「勝ちにいく」、そのつもりでやってきましたが力が及びませんでした。結果が出せすにファン・サポーターの皆さんには申し訳ないですが月曜はしっかり勝ってリーグを終えたいです。

刈込真人(湘南ベルマーレ)

──試合を振り返って。

まず最初に、このような大声援に感謝したいと思います。相手が名古屋ということで、気合が入っていましたが立ち上がりの3失点がすごく大きかったと思います。ここ数試合と比べて本当に速いですし、ミスもしない、連係がしっかりしているのですごく苦戦しました。後半、相手も少し(ペースを)落としたり気持ち的にも余裕がある中でプレーしていたので少しこちらのペースになりましたが、追いつける力がなかったのが今の湘南なんだと思います。明後日は仙台戦があるのでしっかり勝って(ファン・サポーターの皆さんに)恩返ししたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami