SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.02.09

【F1第32節/町田×大阪】プレーオフ決勝で対戦の可能性がある名古屋との今季最終戦に向けて「全力を尽くして戦う」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月9日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第32節のペスカドーラ町田vsシュライカー大阪が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、2-2の引き分けに終わった。

プレーオフ出場を決めている大阪だが、この試合では攻撃をシュートで終われない場面が続く。すると流れは町田に傾き、10分に失点。17分には加藤未渚実のパスミスが失点につながり2点ビハインドで後半を迎えた。

後半も攻め手を欠く大阪は、前半同様に攻撃の形を作り出せないまま時間が経過して行く。すると残り4分9秒から稲田瑞穂をGKに置くパワープレーに入ると、直後の37分にゴール前でフリーとなった加藤が蹴り込んで1点差に詰め寄った。さらに試合終盤にはアルトゥールのパスから柴野創太が触ってネットに押し込んでついに試合は振り出しに。残り10秒には相井忍が決定機を迎えたが決めきれずに試合は終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。

名古屋戦で手の内は?

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

町田3試合して、2試合で引き分けていたので今日は勝ちたかったですが、前半の立ち上がりからリズムを掴めませんでした。リズムの部分で苦しんでいました。その中でハーフタイムで切り替えて、2-2で終わることができました。

勝ちたかったですが、引き分けは悪い結果ではないと思っています。明日に向けて良い雰囲気で終われました。明日も頑張って勝ち点3を取り切れるようにしたいです。

──名古屋はプレーオフの決勝でも対戦する可能性があるが、明日の試合で手の内は隠すのか?

難しい質問ですね(笑)。良い雰囲気にするためにも明日は良い試合をしなければいけないです。チームの力を尽くせるように全力を尽くして戦っていきたいと思います。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

前半に5ファウルがたまり、うまくペースを持ち込めずに0-2になってしまいました。ただ、最後に同点にできたこと、勝ち点1を取れたことはプラスに考えて明日の試合に向けて頑張りたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami