SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.02.11

【F1第33節/浜松×浦安】前半でエース・加藤竜馬が4ゴール!「このレベルを最低限にして上がっていきたい」(浦安 アルベルト・リケル監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月11日(月・祝)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第33節、アグレミーナ浜松とバルドラール浦安の一戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、浦安は7-2で勝利した。

前半から両チーム合わせて8点が生まれる乱打戦となった。浦安は2分、加藤竜馬の鮮やかなループシュートで先制すると、5分に追いつかれたものの、6分にFKからディドゥダが自身通算100得点を技ありゴールで決めて逆転に成功。さらに8分、カウンターから最後は右の加藤が決めると、直後のCKで青山竜也が2試合連続となるゴールを奪って4-1とリードを広げた。

12分に失点して1点を返されたものの、18分に右サイドの高い位置で宮﨑岳が奪ってファーにつなげると、加藤がきっちり決めてハットトリックを達成。そして19分には再び加藤が決めて、今シーズン20点目、前半だけで4点を奪う圧倒的な活躍を見せて、6-2で試合を折り返した。

後半に入っても浦安ペースのなかスコアが動かない時間が続いたが、34分にキックインの流れから野村啓介がダメ押し弾を決めて勝負あり。リーグ戦最後の試合は、丸紘生、長坂拓海、染野伸也といった若手も積極的に起用するなかで7-2で勝利を収め、10位フィニッシュとなった。

毎日いいトレーニングを重ねることが一番重要

アルベルト・リケル監督(バルドラール浦安)

──今日の試合を振り返って。

今日は満足のいく試合で、自分の好きなチームでした。内容としては、試合前に目標としていた、いい態度で戦うこと、インテンシティを高く保つこと、戦術面でやりたいこと出すという、この3つができました。これには結果が伴わないこともありますが、今日はそこができていました。このレベルを下げることなく、ここを最低限にして、ここから上がっていけたらと思います。

──今シーズンの浦安は、「いいトレーニング」、「いい試合」にこだわってきました。結果が出た試合も出ていない試合もあると思いますが、改めてどのようなシーズンだったと感じていますか?

自分は選手時代から、今は監督ですが、毎日いいトレーニングを重ねることが一番重要だと思っていました。それを今は監督として選手に求めているなかで、シーズンを重ねていくうちに、(会見場で)隣にいる(加藤)竜馬もそうですが、選手がいいレベルで積み重ねることに慣れてきて、最低限のレベルを保って練習して、それが試合にも出るようになったことには満足しています。

ただし、リーグ戦はこれで終わりましたが、私たちには全日本選手権もありますし、来週には練習試合もあります。まだ終わっていないので、この結果に自信を持つことはいいですが、リラックスしてそれが油断にならないように、これからもしっかりと続けていきたいと思います。

加藤竜馬(バルドラール浦安)

──今日の試合を振り返って。

長いシーズンの最後に、自分たちのやりたいフットサルができて結果が出たことはチームにとってプラスになることですし、全日本選手権もあるので、そこで結果を残せるように練習からまたしっかりとやっていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami