SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.02.10

【F1第33節/すみだ×立川・府中】プレーオフに弾みをつける勝利!「内容にも結果にも満足しています」(立川・府中 谷本俊介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月10日(日)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第33節、フウガドールすみだと立川・府中アスレティックFCの一戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、立川・府中は4-3で勝利した。

立川・府中は立ち上がりからペースをつかむと12分、右サイドでパスを受けた皆本晃がカットインから左足を振り抜いて先制点を奪取。さらに16分、左CKからの浮き球を渡邉知晃が強烈なボレーで決めて、2点のリードに成功して試合を折り返した。

後半の立ち上がりに失点したものの、22分に花嶋悠からのパスを中央でフリーのジョーが決めると、28分には花嶋が右サイドから放ったシュートがオウンゴールを誘発して4-1とリードを広げた。試合はそこからすみだの粘りにあって2点を返されたものの、終盤のパワープレーを耐え切って4-3で勝利。

ベンチ入りメンバー全員を起用する総力戦で勝ち点3を手にして、来週から始まるプレーオフに向けて弾みをつけた。

みんながいいパフォーマンスを発揮してくれた

谷本俊介監督(立川・府中アスレティックFC)

──今日の試合を振り返って。

まずは今日で33試合のレギュラーシーズンを終えたのですが、毎試合できる環境を作ってくれたリーグ関係者、クラブ、アウトプットしてくださるメディアに感謝を伝えたいと思います。僕は(今シーズン限りで退任してクラブのテクニカルダイレクターに就任するため)これでレギュラーシーズンは最後となります。次にできる機会があることを願っていますが、いったん区切りとなり、リーグ戦は最後となるので、この場で感謝の思いを伝えさせていただきました。

試合は、リーグ戦の最後を締めくくることと、来週のプレーオフに向けて最高の終わり方ができたと思います。シーズン当初に目標としていた勝ち点は65でしたが、ちょうどその数字に乗せてフィニッシュできました。内容についても、ゴレイロを含めて全員を使う形で、来週(のプレーオフ)、再来週(のプレーオフ決勝)という連戦が2回ありますし、そこを少人数で戦えるとは思わないので、みんながいいパフォーマンスを発揮してくれて何もいうことはありません。内容も結果にも満足しています。でもこれで何かが約束されたわけではないですから、いい準備をしてプレーオフ決勝にいけるようにしたいです。

──全員を使っていくというなかでも、岡部直樹と丸山将輝を組ませたセットは固定して起用していました。プレーオフは短期決戦で勢いも大事になるなかで、彼らへの期待はどうでしょうか。

2人だけではなく、上村充哉も内田隼太も、あとはそれほど若くはないですが、花嶋悠、酒井遼太郎などの6人くらいには期待しています。それ以外の主力と言われる選手は、決める能力が高く、1対1にも優れていて、どっしりとした選手です。そうではない若手には走力や、シンプルに裏に走って受けるとか、セカンドポストまで走り切るといったところを期待しています。

丸山は、メディアにも取り上げられているように肉体も特徴です。うちには、知晃とジョー、丸山の3人のピヴォがいますが、2人は流動的で、丸山はクラシックな前に立つタイプ。そこでの存在感があるので、縦に運びたいときには彼のような選手が大事です。そこに当たったときに、矢のように追い越して行ける選手として岡部には期待しているので、その組み合わせでフィニッシュにいけるような狙いを持っていました。それが今日の3番目のセットです。丸山は他のセットでもダブルピヴォなども狙えますね。

宮田義人(立川・府中アスレティックFC)

──今日の試合を振り返って。

僕も今シーズンで引退するということで、ゲームキャプテンを任せてもらい、個人的にも絶対に勝ちたいと臨みました。みんなが気持ちの入ったゲームで勝てて個人的にも嬉しいですし、満足しています。

──(ペスカドーラ町田の前身の)カスカヴェウ時代から長い戦いでした。昔は1対1を仕掛ける選手でしたが、アスレではフィクソでゲームコントロールをするようになりました。何か今、心に浮かぶものは?

心に浮かぶもの……。そうですね、フットサルを始めた当時や町田でも、アラで勝負を仕掛けていて、(府中で)伊藤(雅範)監督から後ろを任されるようになって、体を張る役割を求められて変えていきました。

でももともと僕自身はドリブルが得意だとは思っていなかったので、今思えば、逆に(フィクソが)合っていたのかなと。サッカーでもドリブルはしていなかったですからね。フットサルを始めてからドリブルをするようになりました。本来はパスを出す方が合っている感じがあります。

──長い間お疲れ様でした。未来のFリーグ、フットサルへのメッセージはありますか?

うちでも内田など若い選手が出ているので、彼らに託すというか。僕らは仕事をしながらプレーをしてきましたが、将来はプロリーグになってほしいと思いますし、それには選手以外のいろんな方の協力が必要なので頑張っていってほしいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami