SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.02.10

【F1第32節/大分×浦安】2度追いつくが勝利とはならず「フィニッシュの精度を上げないと拮抗したゲームは勝てない」(浦安 加藤竜馬)

PHOTO BY軍記ひろし

2月10日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第32節が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、はバルドラール浦安はバサジィ大分と対戦し2-2で引き分けた。
浦安は持ち味のパスワークやセットプレーなどで前半、12本のシュートを放つがゴールを奪えずに試合を折り返す。

スコアレスだった前半とは打って変わって後半は得点の奪い合いとなる。後半22分に浦安は先制されるが28分に青山竜也の反転シュートがゴール右上に突き刺さり同点に追いつく。しかしその2分後に再び追いつく。勝ち越しを狙うリケル監督は残り1分にパワープレーを開始。

しかしゴールが奪えず残り17秒に大分がタイムアウトを取り、パワープレーを仕掛ける。だが両者ゴールは決まらず大分との試合は今季すべてドローという結果になった。

今日の試合ではいい浦安が出た

アルベルト・リケル監督(バルドラール浦安)

──試合を振り返って。

大分との試合は過去2試合、拮抗した試合になっていて今回も同じ感じなのかなと思います。今日の戦いは自分が好きな浦安のチームが出ました。先制されましたが落ちうることなく追いついて、また1点取られてしまいましたけどまた追いつくことができました。

ここ2試合は早い段階で失点して上手くいかない場面があり好きな浦安ではありませんでした。ですが今日は耐えて集中でき、同じことを続けていけたので良い浦安が出たんじゃないかと思います。[4-0]の動きでも[3-1]の動きであっても自分たちがやりたいことを示せたのではと思っています。

──1stセットはディドゥダ選手、加藤竜馬選手、宮崎岳選手、野村啓介選手を固定して2ndセットはそれ以外のメンバーは入れ替わって起用されることが多いがその意図は?

そのセットに関しては信頼しています。ですがその中でシーズンを通して練習や試合で調子を見る中で誰を使うか決めています。今の4人に関してはいいプレーを示してくれていますし、そういう意味で使っています。今日、ピッチでもやりたいことを示してくれていたのでそれには満足しています。

もう1セットはいろんな選手を入れ替えながらやっていますたがその時は調子がいい時と悪い時、試合の中でもいい時と悪い時があるのでそこを見ながら誰を使うかを決めてやっています。

加藤竜馬(バルドラール浦安)

──試合を振り返って。

ここ数試合、立ち上がりからゲームに入ることができなかった。ですが今日は立ち上がりからしっかりとゲームに入ることができてしっかりと球際に強くいけていましたし、練習でも強度のところを僕も監督も言ってきて、言ったことが出た試合だなと思います。あとはフィニッシュの精度を上げないとこういう拮抗したゲームは勝てないのかなと思います。またしっかりとやっていきたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami