SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.02.23

【全日本選手権プレーオフ/神戸×浜田】今季未勝利でリーグ戦を終えるもプレーオフでついに初勝利「地域の皆さんに勝利を届けたいという思いで戦った」(浜田 矢野友和監督)

PHOTO BY川嶋正隆

23日に駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で、JFA 第24回全日本フットサル選手権大会Fリーグ出場チーム決定プレーオフ第1戦が行われた。F2で7位のデウソン神戸と同8位のポルセイド浜田の試合は、4-0で浜田が勝利した。

リーグ戦で神戸に対して2戦2敗の浜田だったが、この試合ではキックオフと同時にアグレッシに攻め込んでいく。すると1分に道岡昌弘の反転シュートが決まって先制すると、5分にもその道岡がネットを揺らした。さらに6分には昨季まで神戸に在籍した霜出聖也のロングシュートが決まって前半は3点リードで終えた。

後半は神戸ペースで試合が進むが、GK中田貴大を中心に体を貼ったディフェンスで跳ね返していく。すると29分、相手のバックパスを奪った橋岡翔大のシュートが決まって4点目。終盤も神戸の攻撃を凌ぎ切って試合は終了。浜田は初戦に快勝し、明日の第2戦を迎えることとなった。

最後に戦うチャンスを与えられた

矢野友和監督(ポルセイド浜田)

──試合を振り返って。

今シーズンからFリーグを戦う中で、勝利という結果を出せませんでした。今日はまだ戦うチャンスを与えてもらえたので、選手、スタッフ一同、地域の皆さんのために勝利を届けたいねと話していました。

試合としては、彼らの持っているポテンシャルがどうやったら発揮できるかと考え、自分たちで判断して行動して取り組もうと臨みました。一番大きかったのは前半にリードできたことと、前半に失点しなかったこと。ここまでのシーズンでそういう経験がなかったのでハーフタイムでは不安でしたが、気持ちを出して、プレーは荒れずに持ちこたえてくれたと思います。

──アグレッシブな戦いを見せていたが、2戦あるレギュレーションの中で、今日の試合は狙い通りの展開でしたか?

アグレッシブには行っていましたが、我々の一番怖い部分は失点です。後ろをしっかり抑える部分を重要視していました。神戸ともリーグ戦で2度対戦して、ピヴォへのボールの配給をどうするかが課題だと感じていました。

カウンターを抑えて、自分たちが同じようにピヴォを使って攻撃を組み立てるかが課題でした。守備の部分で我慢強く戦えたことが良かったです。前線に関しては2ゴールを決めた道岡がピヴォで良い働きをしてくれました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami