SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.02.23

【プレーオフ決勝/名古屋×大阪】大阪に2-3で敗れたが「明日勝てばいいので焦ることはない」(名古屋 ペドロ・コスタ監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月23日、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1のプレーオフ決勝戦が名古屋オーシャンズの根拠地・武田テバオーシャンアリーナで名古屋はシュライカー大阪に2-3で敗れた。

試合は前半13分、GK・関口優志がエリア外でボールを手で触ってしまいゴールに近い位置で大阪にFKを与えてしまう。このセットプレーから最後、加藤未渚実に決められてしまい先制点を献上。16分には安藤良平が高い位置で奪われてしまい2点ビハインドで前半を折り返す。

迎えた後半は27分に安藤がコーナーキックからボレーを叩き込んで1点を返すが28分に3点目を与えてしまいまたも2点ビハインドに。すぐに詰め寄りたい名古屋は後半だけでシュートを24本放つがポストやバーに嫌われ続ける。後半30分にペピータが決めて2-3に。残り28秒には大阪が6ファウル目を犯し名古屋に第2PKのチャンスが与えられたがこれは枠外に飛んでしまいスコアは動かす試合終了。

優勝の行方は明日の18時に行われる第2戦に委ねられた。

名古屋の無敗優勝が途絶えたが

ペドロ・コスタ監督(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

まず、フットサルの試合としては素晴らしかったのは確かです。本当に、「決勝の舞台」という試合でした。強度やアグレッシブさ、選手の激しいぶつかり合い、レフェリーもはっきりしたジャッジをしてくれました。ゲーム戦略に関しては、私たちはアグレッシブに先手を取る戦い方から、大阪は逆にミスを探ってカウンター狙いという2つの違う展開のゲームでした。

彼らが先に点を取ったことでより守備を固めてカウンターという戦い方を有利にさせてしまいました。その中でも選手は強い精神で最後まで戦ったので、それは明日にプラスで持ち越せると思います。うまくいかない時でもチームとしてテンション高く且つ、冷静に戦えたゲームでした。

試合の統計はまだ取っていないですがイメージではうちの方が良かったのではいかと。主導権を握っていた印象はありますが違う戦略を持った大阪は成功したゲームでした。最終的に枠にボールを入れなければやはり今日みたいに負けてしまうのでそういう意味では、彼らは完璧なゲームができて私たちはチャンスをものにできなくて先手がプランどおりにいかなかったですね。

ですがすべての状況を考えて内容は悪くなかったので、今日の良くなかった点をこの短い時間に見直したいです。基本的にはフィニッシュのところで力を抜いて人数を増やしてゴールを狙えるチャンスをより大きくするところです。レギュレーションを考えた上でも不利な状況ですが明日の試合を勝てばいいゲームなので、チームとしても焦ることはないです。

──今日の敗因は2週間空いたことによる試合勘によるものなのか。また、長らく負けていなかったがこの敗戦がどんな影響を及ぼすのか。

両チームとも違う状況での決勝の舞台でした。大阪は先週、試合をしてゲーム観という意味ではしっかり準備できていましたが私たちは決勝に向けて準備をしていたので影響はないです。

決勝というのはいろんな要素があり、試合勘というところだけに影響があったとは言えないです。良かった点は終わり方が悪くなかったことです。それが明日の試合にも繋がってくると思いますし、「今から試合やるか?」と言ったら全員、今からでもやりたい気持ちでいると思います。なので終わり方が一番大事なのかなと。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

カウンターを狙ってくるチームにあれだけチャンスを作って点を決めれないとこういう流れになるというのはどの試合を見てもそうです。それでもチャンスを多く作って相手に先制されても崩れなかったところは僕たちが今シーズン積み重ねたものがしっかり出たのかなと。今までだったら多分、前が掛かりになって裏を取られていたかもしれないですけど耐えれているのかなと。監督の言ったとおり、2試合通しての優勝を目指しているのでやることは変わらずに明日も続けていけば結果が出せるのではと思います。

──今日の敗因は2週間空いたことによる試合勘によるものなのか。また、長らく負けていなかったがこの敗戦がどんな影響を及ぼすのか。

初めての負けですがパワープレーをしなかったのは1試合と考えていないからだし、そこに対してはみんな気持ちは同じですしそこに対してマイナスの気持ちはないですし、「次、やるしかない」という気持ちですね。

試合勘に関したらもうしかしたら大阪よりはないかもしれないですけど、後半(相手の強度が)落ちてきたということは2試合戦って疲れてきていて僕達にもメリットがあることなのでそれが明日に顕著に出てくるのではないかなと思います。体力的に見ても明日はもっとよく戦えるのではないかと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami