SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.06.15

【オーシャンカップ】森岡の2試合連続3得点で町田が3位に。「(決められるのは)自分だから」(森岡薫)

PHOTO BY本田好伸

「Sfida Fリーグオーシャンカップ2018」の3位決定戦が行われ、ペスカドーラ町田はフウガドールすみだに4-1で勝利して3位となった。

前日の準決勝で名古屋オーシャンズに敗れてタイトルを逃したが、岡山孝介監督は「キックオフ直前に切り替えて前向きになれた」ことで、良い試合ができたと分析している。

開幕までにもう一段階高める

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)
昨日は悔しい敗戦をしてしまったので、その中で多少引きずっていた部分もありましたが、キックオフ直前には切り替えて前向きな姿勢になれました。その時点で、良い試合ができる予感はしていました。その中で、引きずらずに良いテンション、熱くならず落ち着きすぎず。まだリーグの開幕まで時間があるので、さらにもう一段階高めてもっと良い試合ができるようにしたいと思います。

森岡薫(ペスカドーラ町田)
厳しい試合になるとはわかっていました。モチベーションに関してもどう上げるか。ただ、たくさんのサポーターやフットサルを見にくるお客さんには関係ないことです。全力のプレーを見せていかないとフットサルの人気を低迷させてしまう。3位になることと、来てもらったみなさんに良い試合を見せることが大事でした。

──4試合で8ゴールを奪った中で森岡選手らしいゴールがいくつもあったが、相手も分かっている中でゴールを決められる理由は何か。

分析されていると分かっています。その裏をさらにかくようなプレー。そして相手をさらに分析する。あとはまあ、自分だから(できる)。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami