SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.06.29

【F1第3節/すみだ×仙台】初勝利で指揮官も饒舌に!「毎週すみだ戦ができたら面白い」(仙台・ホセ監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月29日(金)に行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第3節、ヴォスクオーレ仙台はアウェイでフウガドールすみだと対戦すると、2点のリードを生かした試合運びを見せて3-1で勝利した。

わずか48秒、小野寺那央が前線から果敢にプレスを仕掛けると、相手ゴレイロが蹴ったボールが足に当たってそのままゴールへ。幸先良く先制した仙台はさらに5分、堀内迪弥がゴール前で諸江剣語からボールを奪うと、ゴレイロを交わして追加点を流し込んだ。

後半の立ち上がりに1点を返されたものの、高い位置からの守備とハーフラインからの守備を使い分ける試合巧者ぶりを発揮。終盤には、内野脩麻が相手のパワープレーからボール奪取すると、そのまま左サイドを駆け上がってシュートを決めて勝負あり。仙台は3試合目にして今シーズン初勝利を手にした。

狙いどおりのプレッシングがゴールにつながった

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)
勝ててとてもうれしいです。勝利したことだけではなく内容もすごく良かったと思います。開幕から2試合は負けていたが内容は良かった。(前節で対戦した)名古屋は今年も強かったが、こちらも(チャンスで)決められなかった。ただ、毎日トレーニングをしてきたことが、今日の試合で明らかになったと思う。この試合はうまくコントロールできていたし、長い時間ボールをキープもできていました。それに決定的なシーンもたくさん作りました。これからも継続して頑張りたいと思います。

──相手のフウガドールすみだは昨シーズンからほとんどメンバーが変わっていないが、印象は?
すみだは強いチームです。日本代表に呼ばれている清水(和也)や矢澤(大夢)、他にもうまい選手がいます。自分たちも昨シーズンのメンバーが残っていますし、変わらない方が良い時もあります。上手な選手がそろっているのであれば、変わる必要はありません。そこから継続して強くしていくだけです。昨シーズンは最後の試合ですみだに勝つことができたので、毎週すみだ戦ができたら面白いと思います(笑)。ただ今日は勝利できましたが、彼らは強いので、次は彼らが勝つ可能性ももちろんあります。

──先制点は相手のゴレイロに(小野寺那央が)プレスを掛けたことが(ゴレイロがキックしたボールが小野寺の足で跳ね返って)ゴールにつながった。あのプレスは狙っていたものか。
(矢澤は仙台で)1年間やっていましたから、やることは分かっています。こぼれ球がゴレイロに転がった時には強くプレッシャーにいこうと決めていました。それがゴールにつながりました。

──次節の立川・府中アスレティックFC戦に向けての意気込み。
明日は、(次に対戦する)立川・府中と名古屋との試合を(アリーナ立川立飛まで)見に行きます。今日は、まず勝利できたことを喜んで、明日からはまた、次の試合に向けて気を引き締めていきたいと思います。

■【DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1】第3節PV

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami