SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.06.30

【F1第3節/Fリーグ選抜×大分】Fリーグ選抜との対戦は独特!?「雰囲気含めて普段とは違う相手」(大分・伊藤監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月30日(土)に行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第3節、バサジィ大分はFリーグ選抜と対戦し、5-1と大差で勝利した。

大分は11分に右キックインの流れからセグンドに詰めていたレイチのゴールで先制する。そのまま前半を終えると、後半の立ち上がりに同点とされるが28分にヴィトンの強烈なミドルシュートが炸裂。さらに35分にはシーズン途中に加入した吉田圭吾の移籍後初ゴールが決まる。終盤には相手が仕掛けてきたパワープレーの隙をついて田村研人がネットを揺らし、終了間際にも田村研がダメ押しゴールを奪って開幕戦以来の白星を飾った。

新加入の吉田圭吾のポテンシャルを高く評価

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

2つあります。1つは勝って嬉しい。安心したなというのが1つです。2つ目は、今年のFリーグにおいては彼ら(Fリーグ選抜)の存在は少し違うなと。雰囲気など色々なものを含めて違う相手
で、そういう相手と試合をするのは非常に難しいなと。1-1になれば、同じFリーグ(のチーム)同士だとなんともないですが、皆さんも含めて「追いついちゃった」という気持ちになると思います。環境や選手のポテンシャルを考えると良いゲームになるなと最初から理解していましたが、気持ち的にそこらへんが非常に難しい試合になりました。

──Fリーグ選抜は笠井大輝選手が復帰して4人の3セットで戦って来ましたが、そこも含めてFリーグ選抜の印象は。
Fリーグ選抜に関して難しいのは勝つこと。やはり育成がある中で、3セットを作って戦うのが彼らの基本なのかなと思います。それにはメリットもデメリットもあるとは思いますが、良いところはフレッシュで最後まで(体力が)落ちなかったなと。笠井くんに関しては、多分他のFリーグのチームに行ったとしても2セットに入れるだけの実力の持ち主です。オーシャンズだと出番がなく、Fリーグ選抜を選んだのかなと。そういうポテンシャルがある選手で気をつけてはいましたが、素晴らしいプレーをしたと思います。

──吉田選手のパフォーマンスについて。
吉田に関しては、未来のある若い選手だと思っています。僕らはFリーグ選抜に選手を預けて成長させるということもありますが、基本的には自分たちで育成していく。(吉田選手は)至らないところもありますし、ディフェンスでも難しく、セットプレーもまだ覚えていないです。でも未来のある若い選手なので、うまく成長させてさせてくれると思います。Fリーグ自体に若くて活きの良い選手がいることは良いことです。大分はそういう選手を輩出して来たので、彼がそこに続くと良いかなと思います。

──獲得の経緯は浜田との練習試合でのパフォーマンスがよかったからか。
練習試合よりも、練習試合とオーシャンカップを含めて素晴らしい選手で、F1でもやれるだけのポテンシャルはあるかなと。そこでお話しさせていただいて、うちで預からせていただくことになりました。今日は素晴らしいプレーしましたが、長い目で見守ってほしいと思います。ただ、体力とスピードはうちのチームでもトップクラスの資質を持った選手です。

上福元俊哉(バサジィ大分)

前節負けてしまって、そこから今週はこういう形でFリーグ選抜と試合をするにあたり、監督からも話がありましたが、難しい展開になると思っていました。全員が最後まで球際で負けることなくやった結果が、この5-1という結果になったと思います。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami