SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.06.30

【F1第3節/Fリーグ選抜×大分】成長の鍵は2つのミスの改善「得失点につながるところ」(Fリーグ選抜・高橋監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月30日(土)に行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第3節、Fリーグ選抜はバサジィ大分と対戦し、1-5と大差で敗れた。

前半にビハインドとなったFリーグ選抜は、26分に笠井大輝のシュートがポストに当たりながらもゴールネットを揺らして同点に追いつく。しかし直後に再び失点を喫すると、35分にも得点を許して2点差となる。終盤にはGK坂桂輔を上げたパワープレーに出るが、逆にパワープレー返しから失点。その後も点を失い3連敗となった。

少しずつの差が得点差に現れていると痛感

高橋優介監督(Fリーグ選抜)

結果、負けのゲームになりました。やはりその分けている差は、得失点につながるところでのミス。失点で言えば自陣でのミス、セットプレーでの集中力を欠いたプレーで失点をしています。逆に得点が取れないのは、ゴール前やその一個前の決定機が作れそうな部分でパスミスや決定機でのシュート精度の差が得点差に現れているのかなと痛感したゲームでした。

──今シーズン初めて3セットで回せた手応えは
少し(メンバーを)ずらしたり、目的もあって人を入れ替えたりしました。今日は3つをベースにして回しました。それぞれ特徴があり、良い面も悪い面もあります。その中で、そのセットが相手に対してかみ合っているか、かみ合っていないかという部分もあります。結果を求めているとは言うものの、噛み合わせが悪いセットで、選手たちがどう戦って、どう対処するか。それは経験として必要なことだと思います。調子悪そうだなという選手は、試合時間が少なかったりしますが、選手たちの成長を考えるとそういうところでも使いたいと思っています。色々なことを考えていますが、運動量が終盤まで落ちないことに関しては手応えはあります。ただ、プラスして、結果にコミットしていくのであれば、前半を終えた後からもっと(セットを)崩していく必要があると感じたりしています。そこに関しては手応えのなさを感じているのが正直あります。両方ありますね。(セットを)固定するつもりはありません。長くやっているセット内での意思疎通は見えるので、グループとして成長していると感じます。

三笠貴史(Fリーグ選抜)

監督と同じで3節を終えて、自分たちに足りない部分ははっきりしてきています。チームでも個人でもそれはわかっているんじゃないかなと。その経験ができましたので、各々がどれだけ意識して(できるか)。開幕戦は技術的じゃない部分でも負けていましたが、今は埋まっています。意識して、勝敗のところにどれだけこだわれるか。それが一勝を得るために必要なことだと思っています。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami