SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.03.01

【Fリーグ選抜の足跡】フィクソとしての成長を誓う。「三笠選手と常に一緒にいられたことが大きかった」(北野聖夜)

PHOTO BY軍記ひろし

駆け引きが苦手な分、パワーに頼っていた

4 FP 北野 聖夜 KITANO Seiya

「開幕から3連敗したときは正直、このままこの状態が続くと感じていました。それを変えたい気待ちはありましたがなかなか結果が出ずに、名古屋オーシャンズサテライトとの練習試合で0-7で負けることもあって、Fリーグで戦えるレベルではないのではないかという気持ちもありました。

でも、(第4節で)アグレミーナ浜松に勝ってからはどんどん結果が出るようになりました。強い相手に勝つことはできなくても、引き分けることもできました。

高橋(優介)監督は毎回、細かい映像分析やセットプレーを考えるなかで、選手の意見を真っ先に採り入れてくれます。選手との距離感がよかったですし、対戦相手に応じた練習をするので、シーズンを通して同じメニューを繰り返すこともありませんでした。

そうした素晴らしい監督の下、実際にプレーするのは僕たちです。高橋監督の考えを選手自身がどうプレーで体現するかが結果につながると感じていました。

(第8節で)名古屋オーシャンズに引き分けた辺りから、監督の言うことをピッチで体現できれば結果がついてくると誰もが感じ始めました。そこからチームはいい方向に向かい、サテライトとの練習試合に負けることもなくなり、Fリーグで戦えることを示せるようになりました。

結果的には8位で終了しましたが、今の僕たちの能力を考えると妥当な順位だったと思います。

Fリーグ選抜は、強いチームと比べて個の部分が弱いと感じます。僕はもっと点を取れるイメージでしたが、何回もあったチャンスを決め切れずに結局は1得点です。間違いなく決定力がないことが証明されました。

僕にとっては悔しすぎる1年間になりました。来シーズンは、得点、決定機を逃さないことを意識したいと思います。

僕はフィクソで、キャプテンの三笠(貴史)選手と同じポジションです。三笠選手は僕と対照的で、ボールを奪う際の駆け引きや相手のボディバランスを崩して奪うことが得意ですし、さらにシュートが強くて得点力もあります。

僕は、駆け引きが苦手な分、パワーに頼っているなと。今まではそれで通用しましたが、Fリーグのレベルになると、外国人選手や、日本人の強いピヴォには勝てません。

この1年間、練習や公式戦で彼のプレーをずっと見てきましたし、彼にも直接聞きました。

タイプの違う三笠選手と常に一緒にいられたことが、僕にとっては今後の成長につながると信じています。なるべく早く吸収して、いいフィクソになりたいです。そして日本代表に選ばれるような選手を目指します。

そして何よりも、この環境を与えてもらったこと。初めはサポーターも数名でしたが、だんだん増えて最後には素晴らしいサポーターたちが応援してくれました。

皆さんが応援してくれたことに感謝しています。本当にありがとうございました」

Fリーグ選抜の足跡

1 GK 坂桂輔
2 FP 漆原玲
4 FP 北野聖夜
5 FP 水谷颯真
6 FP 齋藤日向
7 FP 伊藤圭汰
8 FP 新井裕生
9 FP 瀧澤太将
10 FP 鬼塚祥慶
11 FP 仁井貴仁
12 GK 山田正剛
13 FP 三浦憂
14 FP 三笠貴史
15 FP 小幡貴一
16 FP 笠井大輝

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami