SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.03.15

【負傷情報】名古屋の次世代エース候補の1人、八木聖人が右膝外側半月板損傷で全治6カ月…

PHOTO BY軍記ひろし

名古屋オーシャンズは15日、FP八木聖人(24)の負傷を発表した。

今季は32試合で10ゴール

名古屋の発表によると八木は3月8日に行われたJFA第24回全日本フットサル選手権大会準々決勝のバルドラール浦安戦で負傷。診断の結果、右膝外側半月板損傷により全治6カ月とのこと。14日の時点で手術は実施している。

名古屋サテライト出身の八木は、FP平田ネト・アントニオ・マサノリ、FP橋本優也、FP齋藤功一らとともに次世代のエース候補として大きな期待がかかっていた。今季は開幕からの2試合で連続ゴールを奪うなど、リーグ戦では32試合10ゴールをマークした。

以下はクラブからのリリース。

八木聖人選手の怪我についてご報告いたします。

怪我の復帰へ向けた手術を行った関係により、明日のファン感謝デーにつきまして不参加となりました。

何卒ご理解頂けますようお願いいたします。

背番号: 17
選手名: 八木聖人
受傷日: 2019年3月8日(金) JFA第24回全日本フットサル選手権大会 準々決勝
名古屋オーシャンズ vs. バルドラール浦安
受傷名: 右膝外側半月板損傷
全 治: 6ヶ月
手術日:2019年3月14日(木)

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami