SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.03.18

【移籍情報】国内3冠の王者・名古屋からルイジーニョが退団。高見政顕はシュライカー大阪へ

PHOTO BY軍記ひろし

名古屋オーシャンズは18日、FPルイジーニョ(29)の退団とGK高見政顕(23)のシュライカー大阪への移籍を発表した。

3冠達成に貢献したルイジーニョが退団へ

2017/2018シーズンに名古屋オーシャンに加入したルイジーニョは、左利き独特のリズムや高いドリブルスキルで観客を魅了。名古屋の2年連続国内3冠達成に大きく貢献した。

ルイジーニョはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「ここまで多くの皆様に温かく迎えてくださり応援してくださったことにまず感謝いたします。2シーズンという短い期間でしたが、名古屋オーシャンズの選手として戦えた事を誇りに思っています。そして、共に戦ったチームメイト、サポートをしてくださった関係者の皆さんには感謝しています。最高の環境の中でフットサルに集中でき多くのタイトルを獲得できました。このチームを去ることは寂しいですが、一ファンとしてこれからも応援しています。」

2014年に名古屋オーシャンズU-21に加入し、2016年からサテライトでプレーしていた高見は、今季のFリーグで初出場を果たすと、初スタメンとなった一戦ではGKながら初ゴールもマークした。

高見はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「今シーズン限りで名古屋オーシャンズを退団することになりました。u21、サテライト、トップと5年間お世話になりました。こんな自分をプレーヤーとして、人として成長させてくれたクラブに感謝の気持ちでいっぱいです。ホーム開幕戦でのデビュー、初スタメン、初ゴール、会場のどよめきであったり歓声はこの先忘れることはありません。とても力になりました。応援してくださったファン・サポーターの皆さん本当にありがとうございました!」

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami