SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.07.01

【F1第3節/町田×湘南】“銀河系軍団”も相手の守備をこじ開けられず……。「連係というよりも、選手一人ひとりのせい」(町田・森岡薫)

PHOTO BY本田好伸

7月1日(日)に行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第3節、ペスカドーラ町田は湘南ベルマーレでの“境川決戦”でホーム開幕を迎えたが、2-2で勝利することはできなかった。

町田は立ち上がりにカウンターからヴィニシウスが先制点を挙げたものの、すぐさま同点に追いつかれると、その後は“我慢の攻撃”が続く。町田は主導権を握りながらも、相手の強度の高いマンツーマン・ディフェンスの前に苦戦した。

29分には、勝ち越しを許してピンチを招いたが、その直後に森岡薫が、左サイドを突破して左足を一閃。その後も何度もチャンスを作りながらも相手ゴールをこじ開けることができず、開幕から3連勝を飾ることはできなかった。

得点力をクリアしないと優勝は遠い

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)
──今日の試合を振り返って。
本当にタフな試合になると思っていて、まさにそういう試合になりました。そのように予想していた中で、得点を取り切ることができず勝てなかったことを残念に思います。ただすごく選手は前向きに、アグレッシブに戦ってくれたので、そこを受け入れて練習からまた頑張っていきたいと思います。
──チャンスを作っても止められて、体を張って守れる選手が多いことを改めて感じたのではないかと思うが、そこを崩すためにはもう一つ何かアイデアがほしいところではないか。
アイデアもそうですし、今の話にあった通りですが、いかに連動して、相手よりも一歩早く先手を取れるかどうかの連係の部分。繰り返していく力が大事になると思うし、本当にシュートを打つだけのスペースを空けるのも簡単ではないですが、ちょっとしたスピードアップでもチャンスを増やせると思うし、細かいところを積み重ねて精度を上げて、次は勝てるように頑張りたいと思います。

──ヴィニシウス、森岡薫、アウグスト、ダニエル・サカイという帰化選手2人を含めた“外国人セット”では、少し丁寧に回しすぎなのではないかと感じたが。
丁寧にいきすぎていることはない。キープできているので。どこでタイミングが合わないとスピードアップするタイミングがつかめないので、それが合うと、やはり緩急をつけてスピードアップできていたので、その回数を増やすこと。体制が悪い時に行っても向こうもフィジカルが強くカウンターも得意なので、そこでいきすぎるのもよくない。いい状態で持って選択肢を増やせる連携を取る方が大事かなと思います。

森岡薫(ペスカドーラ町田)
──今日の試合を振り返って。
優勝するチームがこの結果ではダメということを、改めてというか、ものすごく感じています。なので、できるだけこういう引き分けを、負けもそうですけど、なくしていかないとリーグ1位は遠くなってしまう。また切り替えて、次の大阪戦でしっかりと結果を残すだけです。

──引き分けではダメということだけ、この試合で引き分けた要因は?
GKとの1対1のチャンスを生かせなかったことは、今年だけではなく毎年の課題です。そこをクリアしないと優勝は遠いと感じています。

──後ろに入ってゲームを作る時間も長いが、ファンはもっと、前線でフィニッシャーとして打つところも期待していると思うがどうか。
僕が前でプレーすることを望んでいるのであれば嬉しいですが、チームが勝つには前だけではない(場所でのプレーも必要ですし)、どこでも自分はやれると思っています。前にいる時間もありますし、守りの時間もある。あとは、今ののグループの呼吸などを合わせていけば、結果はついてくると思います。

──ヴィニシウス、森岡薫、アウグスト、ダニエル・サカイという帰化選手2人を含めた“外国人セット”では、少し丁寧に回しすぎなのではないかと感じたが。
自分が強引にいくいかないにしても、ただ持っていくわけではありません。周りのどこにいるかを見ながらやっていますし、僕は時間の問題かなと思っています。徐々に合わせていく。ただ、決めるところで決めないといけないので、そこは連係というよりも、選手一人ひとりのせいだと思う。フィニッシュまで行っていな胃のであれば、それは連係や戦術の問題だと言われてもしょうがないが、フィニッシュにはいっていますし、1対1の場面も作っているので、これは試合運びの問題ではなく、決定力でなかなかうまくいかない日もあるとわかってもらいたいという感じです。ヴィニシウスは、フィニッシャーとしても良い体勢で打てていますし、アウグストは相手を背負ってプレーしているので、前を向くのは簡単なことではありません。もう一つのセットでも、連係が合わないというよりも一人ひとりのセンスの問題なので、そこは練習していくしかありません。練習でそういったシチュエーションをどれだけ意識していけるかということかなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami