SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.06.15

【オーシャンカップ】敗戦も、選手の成長に手応え。「リーグ戦を楽しみにしてもらいたい」(すみだ・須賀雄大監督)

PHOTO BY本田好伸

「Sfida Fリーグオーシャンカップ2018」の3位決定戦が行われ、フウガドールすみだはペスカドーラ町田に1-4で敗れた。

須賀雄大監督は、逆転負けの結果にも「大会を通じて成長している選手を誇りに思う」と、リーグ戦に向けた手応えを口にした。

選手たちはいろんなものを手に入れた

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

結果としてはベスト4で4位でしたが、この大会を通じて1試合1試合、確実に成長している選手たちを誇りに思います。この試合でも、昨日は出番が短かった選手がしっかりと躍動してくれました。これは今後の長いリーグ戦を戦う上でも非常に重要なことだと思っています。結果を出せなかったのは私の責任で、選手たちはいろんなものを手に入れてくれたのではないかなと。サポーターには勝利を届けたかったですが、この後、たくさんの勝利を届けたいと思っているので、ここは貸しにしておいてもらって、リーグ戦を楽しみにしてもらえたらなと思ってます。

諸江剣語(フウガドールすみだ)

これまでの対戦で、町田の強度の高いプレスとやオフェンスを我慢できれば流れが来て、先に点を取れると分かっていました。でも最後まで集中というか、我慢できずに終わってしまいました。(開幕戦の相手も町田なので)開幕でリベンジできるように修正していきたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami