SAL

MENU

作成日時:2022.09.30
更新日時:2022.10.03

【アジアカップ|試合後コメント】A代表初ゴールで、美しすぎるループシュートを演出した石田健太郎。「全員が活躍しなければいけない大会だと思っています」

PHOTO BY勝又寛晃

30日、日本代表はクウェートで行われているAFCフットサルアジアカップのグループリーグ第2節を戦い、韓国代表に6-0で勝利した。

世代別代表や代表候補に選出されながらも、A代表選出を逃してきた石田健太郎が、ついに国際大会で初ゴールをマークした。

スペースは常に狙っていた

──アジアカップ初ゴールは、美しすぎるループシュートでした。

ピヴォが常にいる時間帯がこれまで多かったですが、あの場面は拓海くんがピヴォ-アラのような感じで4枚気味になって、クラブ(浦安)でもやっている形なので、コンビネーションが出せたと思います。

──“偽ピヴォ”のような感じで長坂選手が引きつけて、背後のスペースに石田選手が飛び出しました。

相手もマンツーマンで来ていたので、あそこのスペースは常に狙っていました。僕はそんなにスピードがある選手じゃないので、動き出すタイミングがうまくいってよかったです。

──ブラジル戦からフィクソに入ることが増えています。

ピヴォに当てるとか、リズムを作るとか、そういうところは少しずつ、良くなってきているとは感じます。あとは、ピヴォのマークも重要な仕事なので、前で奪う、強く行くというのは常に意識しています。

──浦安コンビ、帝京長岡コンビでゴールを決められたのはうれしい?

はい。でも、誰が活躍してもよいですし、全員が活躍しなければいけない大会だと思っています。それだけの力がある選手が集まっていると思いますし、もしも自分のプレーがうまくできなかったとしても、チームが勝つためにできることをやりたいです。

▼ 関連記事 ▼