SAL

MENU

作成日時:2023.06.21
更新日時:2023.06.21

【移籍情報】内田隼太がスペイン1部のペニスコラFSに移籍!2シーズンぶりにトップリーグへ

PHOTO BY勝又寛晃

20日、スペイン1部のペニスコラFSは、内田隼太の加入を発表した。

自身2度目、スペイン1部への挑戦を決断

1997年生まれ、26歳の内田は、2016年に府中アスレティックFCサテライトに加入しフットサルキャリアをスタート。2017-2018シーズンから5年間、立川・府中アスレティック(現立川アスレティックFC)でプレーした。

2021-2022シーズンのFリーグ終了後にスペインへの移籍を決断し、当時スペイン1部リーグを戦うブレラFSに加入。半年後に開幕した2022-2023シーズンからは、2部のフルエネルギア・サラゴサに移籍し、1シーズンを戦った。

フルエネルギア・サラゴサでは、主力選手としてリーグ戦の全30試合とカップ戦2試合に出場し、合計22ゴールをマーク。チーム内2位の得点数で、存在感を示した。

加入が決定したペニスコラFSは、2022-2023シーズンに27勝2分1敗と圧倒的な成績で2部リーグを優勝し、昇格を手にしたチームだ。内田にとっては2度目のトップリーグへの挑戦となり、2024年のフットサルW杯に向けても、新シーズンはより重要な1年となるだろう。

新天地でも力を発揮し、2022年5月以来の日本代表復帰となるか。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼