SAL

MENU

作成日時:2023.06.24
更新日時:2023.06.24

【女子F開幕節|記者会見/丸岡vsすみだ】すみだがリーグ参入後初の開幕白星!勝利のヒロインとなったGK須藤優理亜「『2-0で勝つ』を有言実行できた」

PHOTO BY海野伸明

18日、日本女子フットサルリーグ2023-2024(女子Fリーグ)第1節、福井丸岡ラックvsフウガドールすみだレディースが行われ、すみだが0-2で勝利した。

今シーズン10名の新加入選手を迎え、新監督には権正直樹氏が就任し、新たなスタートを切ったすみだ。経験の浅い若手も増えたなか、精神的支柱となる存在がGKの須藤優理亜だ。試合でも気迫のセーブでチームをけん引し、丸岡から合計34本シュートを受けながらも、無失点で勝ち点3をつかんだ。

開幕戦勝利は女子Fリーグ参入後初となり、試合終了の笛が鳴ると同時に、選手たちの表情は笑顔であふれた。

試合を終え、権正直樹監督とキャプテンの須藤優理亜が記者会見に出席した。

女子Fリーグ2023-2024シーズン日程

泥臭さが、クリーンシートにつながった

──試合を振り返って。

まずは開幕にあたり、たくさんのお客さんの前で、素晴らしい相手と試合をできたことを本当にうれしく思います。

試合については、丸岡さんのプレスの強度が高いことはスカウティングしていましたが、その圧力を終始感じたゲームでした。まずはアグレッシブに戦うこと、あとはセットプレーを大事にすること。この2点をゲームプランにして試合に臨みました。

今シーズンは守備に力を入れていて、今日のカウンターからゴールという流れは、再現性があったのかなと思っています。常に泥臭く戦うことを日々の練習から伝えていて、押し込まれる時間もありましたが、GKの須藤もフィールドの選手たちも、体を投げ出して守ってくれたことが、クリーンシートにつながったと思います。

──今年は監督も含め、メンバーも入れ替わり、新チームになりました。起用方法を見ていると、今までの選手を中心にしながらも、新しい選手をうまく混ぜていました。新加入選手も思いきって使ってみようというマインドだったのか。

僕が自信をもって「全力を出してくれるだろう」と言える14名を、日々の競争を見ながら選んでいます。

選手起用については、20分のプレーイングタイムを固定の8人で強度を保って戦い続けることは、女子の選手にとってかなり難しいというのが僕の考えです。なので、フィールドメンバーを12名にして3セットをフル活用していくことが、勝利への近道だと認識しています。

僕自身にトップリーグの経験がないので、いろいろ試すことが怖くないっていうこともあるかもしれませんが、新加入選手も含めて、プランに沿った個性と役割を果たせるように選出しているつもりです

──玉川華帆選手は、以前から在籍していますが今日のメンバーの中では最年少でした。ただ、すごく力強くプレーしていて得点も決めました。直近の代表合宿にも参加している選手ですが、今シーズン、彼女に期待したいことを教えてください。

彼女はまだ若いですが、地域リーグからすみだに入って、すでにキャリアの長い選手です。今後さらに年数を重ね、日本を引っ張っていくべき選手だと思っています。今シーズンの初めには、自分がそういう存在なんだという自覚と覚悟を、まずはチームで体現してほしいと伝えています。個人の結果だけではなくチーム全体を見ること、ピッチ外での振る舞いという部分も求めています。ミーティングでも積極的とはまだ言えませんが、発言が増えてきています。最近はメンタルも成長しているんじゃないかなと感じています。

──次はアルコ神戸戦ですが、試合に向けた意気込みを教えてください。

僕たちは今年、「Challenge」というスローガンを掲げていて、どの相手とやる時もチャレンジャーのつもりで戦います。開幕戦に勝利することはできましたが、ここから波に乗ることが大事だと思っているので、次の試合に向けて一戦一戦を大切に、いつもどおり準備をしていくだけです。

開幕前に話した「2-0」を有言実行できた

──試合を振り返って。

女子Fリーグに参入してから初めて開幕戦で勝利することができて、うれしい気持ちでいっぱいです。新しいチームが始まって、フットサルキャリアが浅い選手も多く不安な部分もありました。それでも、試合に向けて一体感を持って練習に臨めていたので、結果が出せたのかなと思います。あとは開幕前の取材で話した「2-0」を有言実行できて良かったです。

──相手の決定的なシュートを何本もストップできたと思います。自分のコンディションがいい状態なのか、今日のプレーができた秘訣や要因を教えてください。

私は考えてプレーするタイプではなく、野性的にボールに反応しているので、あんまり調整とかはしていないです。オフに少し増量して、試合に向けてここ1、2週間で絞って、体は最高の状態になっていました。

──相手の監督も選手も、今日は須藤選手にやられたと。さすが日本代表だという話をされていたんですが、4秒の使い方と右足が課題なのかなと少し思ったりしたんですが、そこはご自身としてはどうですか。

4秒については正直なことを言うと、ちょっとカウントが早すぎたなと。そこで言い訳をするのはあまり良くないですけど、そういう印象を受けました。審判によって違うのは当たり前ですし、そこは自分が試合をコントロールしていかないといけないですが、今日はボールを持つ前からカウントが始まったので、ちょっと戸惑いました。足元の技術に関しては、ずっと私の課題です。代表でも足元を使ったプレーがトレンドになってきていて、少しずつ向上させているところなので、成長していく過程をぜひ注目していただければなと思います。

▼ 関連記事 ▼