SAL

MENU

作成日時:2023.07.21
更新日時:2023.07.21

Fリーグ公式コンテスト「ABeam AWARD」って?参加方法と評価ポイントをわかりやすく解説!

PHOTO BYSAL編集部

Fリーグのオフィシャルスポンサーであるアビームコンサルティング株式会社が企画・運営するFリーグの公式コンテストが「ABeam AWARD 2023-2024」だ。

3年目を迎えるこの企画は、フットサルのクラブ、ファン、スポンサーをつなぐTwitterを軸にした取り組みだ。フットサルの認知を上げ、新規ファンの獲得を目指している。

クラブやファンが「身近な人の呼び込み企画」「スーパープレー投稿企画」「ThanksRespect投稿企画」という3つの切り口の企画に参加し、それぞれ定められた3つの評価指標を満たすごとに100ポイント(pt)が“クラブに”加算される。詳しくは後述するが、クラブは最大900ポイントを獲得できる。

3カ月(1クール)ごとに獲得ポイントが高い順にランキングを発表し、上位3クラブには賞金が与えられる。これをシーズン中に3クール行うという流れだ。

表彰されるのはクラブだが、重要な一役を担うのがファン・サポーターのTwitter投稿だ。誰でも参加できる一方で、「何をしたらいいの?」「ハッシュタグルールって何?」「“きてみて”と“きてみた”はどう違うの?」という声も多数見受けられる。

愛するクラブを上位に押し上げるには、どうすればいいのか。本記事では「ABeam AWARD 2023-2024」の参加方法、集計方法をわかりやすくお伝えします!

試合に「きてみて」「きてみた」を投稿しよう

ファン・サポーターの協力を最も必要とするのが「身近な人の呼び込み企画」だ。本テーマにおいては3つの評価指標が設けられている。1つ目が「試合案内投稿の拡散数」だ。

「試合に行ってみたい」と思ってもらえるような試合告知をTwitterで投稿する。ただし、評価指標は「拡散数」なので、闇雲に投稿するのではなく、自分が観戦した時の具体的なエピソードや写真を添えるなど、拡散してもらえるような工夫が必要だ。

誰かの投稿へのリツイートが30を超えるとクラブに100ポイントが加わる。

併せて気をつけたいのは、ツイート時につける「クラブタグ」。本記事最下部でクラブごとのタグを記載するので、ぜひ間違えないように注意してほしい。

■評価指標1:試合案内投稿の拡散数
ポイント獲得条件
・以下の3つのハッシュタグをすべてつけていること
1投稿あたりの「リツート」が30を超えること ※引用リツイートは除く

■ハッシュタグ
#きてみて
#クラブタグ
#Fリーグ
※クラブタグは本記事最下部に記載

2つ目が「F友写真の投稿数」だ。一緒に来場した友人や家族との写真をTwitterに投稿し、実際に「試合にきてみたよ」というアクションを証明することが評価につながる。

1クラブあたり50投稿以上が集まると100ポイントが加わる。こちらも、以下のハッシュタグをつけないと対象外となってしまうので注意が必要だ。

■評価指標2:F友写真の投稿数
ポイント獲得条件
・以下の3つのハッシュタグ+F友写真付きであること
・「投稿数」が50を超えること

■ハッシュタグ
#きてみた
#クラブタグ
#Fリーグ

そして3つ目が「来場者数」だ。

■評価指標3:来場者数
ポイント獲得条件
・1試合でも昨シーズンの最多来場数を超えること

各クラブが集客イベントを開催する“ここぞ!”というタイミングで、「今度一緒に行こうね」ではなく「この試合に行こう!」と一歩踏み込んでお誘いしよう。

選手のスーパープレーを広めよう!

続いては、選手のプレーを拡散する「スーパープレー投稿企画」だ。投稿自体はクラブ公式Twitterアカウントが行い、ツイートに対する反響が評価につながる。

こちらも以下の3つの評価指標が設けられており、いいねやリツイートに協力することで、「ABeam AWARD」に参加したことになる。

評価指標1:投稿数(クラブが投稿)
ポイント獲得条件
・以下の3つのハッシュタグをすべてつけていること
・「投稿数」が10を超えること

■評価指標2:共感数
ポイント獲得条件
1投稿あたりの「いいね」が100を超えること

■評価指標3:拡散数
ポイント獲得条件
・1投稿あたりの「リツイート」が50を超えること
※引用リツイートは除く

■ハッシュタグ
#スーパープレー
#クラブタグ
#Fリーグ

例えば、シュライカー大阪はスーパープレー投稿をすでに10本以上投稿しているため、第1クールで100ポイントを獲得している。加えて、下記の投稿は、評価指標2と3も満たしているためさらに200ポイント、合計300ポイントを獲得していることになる。

各クラブの投稿を見逃ないように、公式アカウントの通知をオンにすることもおすすめ。こまめに確認して、忘れずにリアクションを行うことが重要だ。

スポンサー企業に感謝の気持ちを伝えよう!

最後のテーマが、「ThanksRespect投稿企画」だ。クラブには、支援してくださるスポンサー企業の力が必要不可欠だ。こちらも「投稿数」「共感数」「拡散数」という3つの評価指標が設けられているので、試合会場の看板や商品の写真などを添えて、感謝の思いをたくさん投稿してほしい。

■評価指標1:投稿数
ポイント獲得条件
・以下のハッシュタグを、すべてつけていること
・「投稿数」が50を超えること

●評価指標2:共感数
ポイント獲得条件
・1投稿あたりの「いいね」が100を超えること

■評価指標3:拡散数
ポイント獲得条件
・1投稿あたりの「リツイート」が50を超えること
※引用リツイートは除く

■ハッシュタグ
#ThanksRespect
#クラブタグ
#Fリーグ

第1クールの集計日は8月20日まで!

7月7日には、第1クール(6月〜8月)の中間ランキングが発表され、1位は湘南ベルマーレ、2位にはボルクバレット北九州、3位はアグレミーナ浜松がランクイン。Fリーグ屈指の集客力を誇る湘南、選手も巻き込んだSNS発信を得意とする北九州に続き、カテゴリーの枠を超えてF2の浜松が上位に食い込んでいる。

■賞金額(1クールあたり)
1位:350,000円
2位:150,000円
3位:100,000円

第1クールの最終集計日は8月20日まで、表彰発表日は8月25日となっている。まだ巻き返し可能な時間は残っているので、ぜひ「ABeam AWARD」に参加してみてほしい。

クラブタグ一覧

■クラブタグ(F1)
エスポラーダ北海道:#エスポラーダ北海道
バルドラール浦安:#bardral
フウガドールすみだ:#フウガドールすみだ
しながわシティ:#しながわシティ
立川アスレティックFC:#立川アスレティックFC
ペスカドーラ町田:ベスカドーラ町田
Y.S.C.C.横浜 #YSCC
湘南ベルマーレ:#bellmare_F
名古屋オーシャンズ:#名古屋オーシャンズ
シュライカー大阪:#シュライカー大阪
ボルクバレット北九州:#ボルクバレット北九州
バサジィ大分 #バサジィ大分

■クラブタグ(F2)
ヴォスクオーレ仙台:#ヴォスクオーレ仙台
マルバ水戸FC:#マルバ水戸FC
リガーレヴィア葛飾:#リガーレヴィア葛飾
ヴィンセドール白山:#ヴィンセドール白山
ボアルース長野 :#ボアルース長野
アグレミーナ浜松:#アグレミーナ浜松
広島エフドゥ:#広島エフドゥ
ポルセイド浜田:#ポルセイド浜田
ミラクルスマイル新居浜 :#ミラクルスマイル新居浜

なお、「ABeam AWARD 2023-2024」はF1、F2の男子だけでなく、女子Fリーグを対象にした同様の取り組みも実施している。概要は、概ね男子と同様だが、スーパープレー投稿企画が「選手プロモーション企画」となり、選手をより身近に感じられる投稿が広がっている。ぜひ男子と併せて女子Fリーグの取り組みもチェックしてみてほしい。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼