SAL

MENU

作成日時:2023.07.17
更新日時:2023.07.20

【女子F第5節|記者会見/浦安vsさいたま】若手選手を起用しながら、盤石の勝利を収めた浦安・米川正夫監督「途中でダレた時間もあったが、全体的に良かった」

PHOTO BY海野伸明

7月16日、日本女子フットサルリーグ2023-2024の第5節、バルドラール浦安ラス・ボニータスvsさいたまサイコロが行われ、5-0で浦安が勝利した。

試合を終え、米川正夫監督が記者会見に出席した。

女子Fリーグ2023-2024シーズン日程

前半3点入って、今日はそれだけを見ていた

バルドラール浦安ラス・ボニータス|米川正夫監督

──試合を振り返って。

ホームゲームでお客さんもそれなりに入ったなか、いいゲームにしたいなと思っていました。ただ、明日もあることを考えながら試合をして、途中でダレてしまった時間もありましたが、そのわりには全体的に良かったんじゃないかなと思います。

──連戦のため、普段チャンスのない選手も出場していました。その選手にたちに対して、今日のゲームをとおしての評価を教えていただけますでしょうか。

去年からずっとやっている選手に比べると、細かいところや体力、ゲーム運びにも差はやはりあります。難しいゲームになると、使いづらいなっていうところは顕著にあるので、今日のようなゲームを繰り返すことで、少しずつ自信をつけていいプレーが増えてくれればいいなと思います。

──セットのなかでキャプテンの伊藤選手いれたり、平井選手を入れながら上手くバランスをとってやれた部分もありましたか?

実際は上手くはあんまりいってないんですけど、相手との力関係で負けることはないっていうゲームにできればと考えていました。前半に3点入りましたし、それだけをやってくれと伝えていたので、それだけですかね。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼