SAL

MENU

作成日時:2023.10.07
更新日時:2023.10.07

【日本代表】平田ネトアントニオマサノリ「コンディションはいいです。めちゃくちゃ走ってます。明日は勝ちにいく。それしかない」

PHOTO BY本田好伸

日本代表は7日、AFCフットサルアジアカップ2024予選の初戦でオーストラリア代表と戦う。6日、開催地である台湾の試合会場で前日練習を終えた直後、平田ネトアントニオマサノリに話を聞いた。

↓日本代表の全てがここにある↓



いい形で終われるように全員で戦う

──台湾でチームに合流し、トレーニングを重ねてきてどうですか?

今の代表の戦術の基本は4-0の形があるので、そのコンセプトに慣れないといけないですね。ただ、その部分に慣れてきてはいますし、徐々に監督の求めることをやれてきてます。そこにプラスして、自分の良さ、ピヴォに入るところを求められるので、どうやってつなげられるかが課題です。でも、今日の紅白戦などでも少しずつ良くなっています。

明日は試合なので、勝ちにいく。それしかないので、勝つ試合をしたいです。

──コンディションはどうですか?

コンディションはいいです。めちゃくちゃ走ってます。時差ボケも治りましたし。

──スペインとの時差はどれくらいですか?

ここ(台湾)は6時間です。日本は7時間です。でも全然、すぐに治りました。

──台湾に入って、日本のメンバーと会った時はどんな感じでしたか?

スペインだと、日本人の顔を見て、日本語を話すことがないんで。時々、月1くらいにコイツ(隣で取材を受けている原田快)に会うくらいなんで(笑)。なかなか日本人と会うことがないんで、こうやっていっぱいいると、自然としゃべりますね。めちゃくちゃしゃべりますね。(普段は)日本人もブラジル人も僕のチームにはいなくて、スペイン語だけなんで。

──スペインのチームはいかがですか?

レベルが高いですね。日本とはまた違った個々の技術、パス回し、動き。クオリティがすごく高い。それこそ、アップとかロンドとか見てもそう。そこは学ぶことだらけですね。

──スペインで特に学ぶ部分は?

パスミスを減らすとか、キープするとかのクオリティを求められます。ボールを早く動かすという部分も、また違ったスピードになっているので、だんだん慣れてきてはいますけど、ゲームをいち早く理解する部分はまだまだ。そのあたりをどうやって高めていけるか、という感じですね。

──明日はいよいよ初戦です。意気込みをお願いします。

楽しみな初戦なので、絶対に勝って、次のチャイニーズ・タイペイ戦も勝って、いい形で終われるように全員で戦いたいと思います。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼