SAL

MENU

作成日時:2023.12.27
更新日時:2023.12.27

【映像】「本職キタ!?」立川の上村&酒井が、本田圭佑考案・U-10サッカー全国大会『4v4』のレジェンドマッチに参戦!

PHOTO BY勝又寛晃

本田圭佑が今年8月にリリースした、4人制のU-10サッカー全国大会『4v4』。1226日、約1400チームの頂点を決める決勝戦を盛り上げるべく、レジェンドマッチに現役Fリーガーが参戦。本田や長友佑都らサッカー界の豪華メンバーに加え、フットサルコートを主戦場とする強力なサポート役の登場に、「本職キタ!?」「ガチだ!」と盛り上がりを見せた。

【映像】「Fリーガー来てる?」サッカー界のレジェンドマッチに“強力助っ人”登場!?
https://abema.tv/video/episode/665-1_s10_p202



「なぁなぁふぅん!?」に上村の同点弾が炸裂!

“子どもたち自身”が勝ちたいと思ってプレーできる場所を──。

発起人である本田のそんな思いが形となり、今年8月に開幕した4人制U-10サッカー全国大会『4v4』は、「ショットクロック20秒」、「GKも攻撃参加可能」、そして子どもたちだけで10分間のゲームプランを組み立てて戦う「監督不在の交代自由」といったユニークなルールが設けられた新感覚のサッカー大会だ。

12月26日、横浜国際プールメインアリーナにて『4v4』の決勝戦が行われ、試合後にはサッカー日本代表経験を持つ本田、長友、遠藤保仁ら、豪華メンバーによるレジェンドマッチを開催。現役Jリーガーもそろうなか、助っ人としてFリーグ界から立川アスレティックFC上村充哉酒井遼太郎が参戦した。

アップ時には「イケメンFリーガー。でもプレーは泥臭い」と紹介された上村について、解説を務める槙野智章は「髪の毛が(僕と同じ)“七三”ですね。どうしてもそっちに目がいっちゃいます」とコメントし、ひと笑いを誘った。

本田率いる「TEAM HONDA」に酒井、長友率いる『TEAM NAGATOMO」に上村が参加し、ゲームはスタート。序盤からTEAM HONDAが得点を重ね5点をリードするも、徐々にTEAM NAGATOMOも追い上げ徐々に試合は白熱。

すると7分、GKを務める遠藤から左サイドの乾貴士にパスが渡り、ドリブルで運んで逆サイドへのパスを通すと、これを上村が受け取り豪快にネットに突き刺して追加点をマーク。7-10の局面から3ポイント分のゴールを決め、同点に追いついた。試合を盛り立てるゴールに、ABEMA視聴者も「イケメン!」「うめぇ!」「ガチだ!」と大絶賛の声が集まった。

一方の酒井も、持ち前の巧みなテクニックと周りを生かすプレーで、再三得点チャンスを演出。しかし残り52秒、ゴール左でパスを受け取った酒井のシュートは惜しくも枠を外れ、本人も思わず苦笑いで天を仰いだ。

残り1秒まで互いに勝ち越しを狙い、攻守が大きく入れ替わりながらも、試合は13-13で終了。PK戦の末、TEAM HONDAが勝利を収めた。



▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼