SAL

MENU

作成日時:2024.04.19
更新日時:2024.04.19

【アジアカップ2024|ミックス/日本vsキルギス】流れを変える得点に意欲を燃やす、日本の10番・金澤空「前回大会を思い出しながら、チーム全員で良い雰囲気を作りたい」

PHOTO BY本田好伸

4月18日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第1節・キルギス代表戦に臨み、2-3で敗れた。

キルギスの整備された守備に、終始苦戦した40分だった。それでも「サイドから何度かチャンスを作れた」と振り返るのは、日本の10番を背負う金澤空。
劣勢を打開するスコアを動かせなかったことを悔やむ一方、前回大会に初戦敗戦からの優勝を経験したぶん、焦りはない。

試合を終え、金澤に話を聞いた。

■キルギス戦 ハイライト(グループC第1戦)

↓日本代表の全てがここにある↓


無理やりでもいいから盛り上げたい

──初戦は悔しい結果となってしまいました。

一番やってはいけない結果になってしまいましたけど、まだなにも終わったわけではありません。前回大会もこういう(初戦で敗れるという)経験を乗り越えて優勝していますし、試合はすぐに来るので切り替えるしかない。それが代表選手としての仕事だと思いますし、次の試合で勝てばグループステージ突破の可能性につながっていくので、切り替えるしかないと思います。

──怪我人が出た影響で大会直前でセットの入れ替えもあったことで、硬さも見られた印象でした。ピッチに立っていた感覚はいかがでしたか?

自分たちのなかではそこまで悪くはなかったというか、そういうことも想定してはいました。簡単にいかないということは全員がわかっていたと思うので、うまくいかなくても切り替えていこうと試合前からずっと話していました。難しい入りにはなってしまったと思いますけど、全員で我慢しようという話は、チームのなかではできていたと思います。

──キルギスはハーフウエーラインから押し上げていくような守備をしていたと思いますが、それは想定内でしたか?

なんて言うか、どこまで下がって守備をしてくるかとか、どのくらい前からプレッシャーをかけてくるかというのは、そこまでわからない状況でした。試合をやりながらの感覚でプレーしていて、サイドで(ボールを)さらした時に結構下がってくれる印象が試合中あって、そこで何度かチャンスをつくれたシーンはありました。でもそういった場面で決めきれないとこういう試合になってしまうかなと思います。

──金澤選手や堤優太選手といったアタッカーがサイドでの1対1を仕掛けて打開していくことが、今日の試合では攻撃の糸口になったと思いますが。

そうですね。そこが自分たちに求められていることだと思いますし、相手の嫌なプレーをどんどんしていくことで、相手のラインをどんどん下げてくというのが一つ狙いでした。あとはそれをゴールまでつなげたいと思います。

──次は中1日で韓国代表戦になります。そこへ向けてのイメージは?

中1日ですけど、まずはしっかり回復をしたい。自分自身、ワールドカップに出るためにずっとやってきましたし、代表に選ばれるようになっても「絶対に出たい」と思っている大会ですけど、次で負けてしまったらそれがすべて終わってしまう。でも自分が経験した前回大会も今回と同じく2戦目が韓国で、そこでうまくチームとして切り替えて良いプレーできたことで、流れが一つ変わったと思っています。それを少し思い出しながら、チーム全員で良い雰囲気をつくりたいし、無理やりでもいいから盛り上げたい。みんなとしっかりしゃべりながら、何点差でもいいので絶対勝ちたいと思います。

──前回大会は原田快選手のようなムードメーカーがいましたが、今回のメンバーにそういった空気を変えるような存在はいますか?

特にニブさん(仁部屋和弘)は、さっきロッカーで一人ひとりに声をかけて盛り上げてくれてました。そういったベテラン選手たちもたくさんいますし、そこにも頼りにしながらやっていきたいと思います。

──多くの選手たちの思いを背負って、長い時間ピッチに立っているからこそ結果を出したいところですよね。

そうですね。自分は10番という背番号をもらってる以上、チームの勝利にもっと貢献しなきゃいけないですし、やるしかないと思っています。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼