SAL

MENU

作成日時:2024.04.21
更新日時:2024.04.21

【アジアカップ2024|ミックス/日本vs韓国】2戦連発&大会3点目は“感謝のゴール”新井裕生「両親がタイまで応援しに来てくれて、目の前で決められてうれしい」

PHOTO BY本田好伸

4月20日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第2節・韓国代表戦に臨み、5-0で勝利した。

W杯出場に向けて勝ち点を落とせないプレッシャーがかかる状況で、開始4分で裏への抜け出しから先制点を決めたのが、代表デビューからわずか2戦目の新井裕生だ。

第2ピリオドの立ち上がり、23分にも堤優太とのコンビネーションから右足で得点。アジアカップという大舞台で、2試合連続、大会3点目をマークして、早くも“シンデレラボーイ”となっている。

ゴール前、切り返してすかさず右足で打った2ゴール目は“イメージ”から生まれたものだった。今大会、Fリーグ得点王の実力を存分に発揮している新井は、試合前にどのような準備をしているのか。試合後に話を聞いた。

■韓国戦 ハイライト(グループC第2戦)

↓日本代表の全てがここにある↓


両親に捧げた恩返しゴール

──試合を振り返っていかがですか?

今日から両親がタイまで応援しに来てくれたので、目の前でゴールを決めることができたのは、少しだけ恩返しができてうれしい気持ちです。

ここまで来るのも簡単なことじゃないと思いますし、自分がここに立てているのも両親のおかげです。どれだけ挫折しても一番の支えでしたし、自分に自信を持たせてくれる言葉を常々かけてくれていました。本当に感謝という言葉しか出てこないですね。

──ご両親からメッセージは届いていましたか?

まだ見ていないです。でも親父はシャイな部分があるので「あそこはああだった、ここはこうだった」と、きっと言ってくると思います(笑)。

──国内合宿の時から話していた「自分の役割」を果たせたと思います。それぞれの得点を振り返ってください。

つっつー(堤優太)はスピードがあるタイプで、僕の動きもずっと見てくれるので、動き出せばボールが来るだろうなと思っていました。本当だったらファーストシュートで決めたかったんですけど、こぼれ球が僕の前に転がってきてくれたので、あとは押し込むだけでした。

2点目も似たような形で、つっつーが縦突破したところで、連動性をもってできました。相性がいいなと改めて思います。

──他の選手に比べたら経験が少ないなかでのアジアカップで未知数のところもあるという話でしたが、2試合で3ゴール。実際にアジアの舞台で戦ってみていかがですか?

アジアがどうこう以前に、僕が求められていることや、やるべきことは立川アスレティックFC時代と変わらないので。自分ができることを、ただただやったことが結果として出たので、それはとてもうれしいです。

常にゴールをイメージして準備している

──2点目のシーンは、相手の間のコースを突いた右足シュートでした。そのコースが見えていた?

見えていたというよりかは、行きのバスでスペインリーグのゴールシーンとかを見ていて。

──インスピレーション……?

そうですね。いいイメージがあったので、切り返してすぐ右足という感覚で蹴ったら入ったので、よかったなと。

──狙いどおりってことですか?

まあ、狙いどおりっちゃ狙いどおりです、あの形的には(笑)。

──移動時間でやっていたキルギスvsタジキスタンを見ていたわけではなかったんですね。

それは見ていないです。見ている選手もいたんですけど、僕はゴールシーンを見ていました。バルセロナの13番カテラの映像です。国内でも、基本的にはそういうゴール前での駆け引きは、スペインリーグやブラジル、各国の代表選手の映像を見ています。

ゴール前のイメージは大事だと思いますし、自分のゴールを見たり、いろんな選手のゴールを見たりして、似たようなボールが来れば、体が勝手に動くように、常にイメージして準備しています。体が勝手に動くくらいのイメージがあれば、試合でもとっさに反応できると思うので、そこは僕にとって大事にしている部分です。(今回も)いいイメージがあって良かったです。

──今日は3つのセットを完全に固定して、ほぼ同じ分数で回しました。セットのこと、出場時間が確保されたことでパフォーマンスはどうでしたか?

僕たちのセットは器用な選手が多いので、4枚でやったり3-1でやったりできました。(金澤)空の惜しかったシーンも含めて、いい場面がたくさん出たことは、とてもいいところでした。

自分自身、国内では出場時間が長く、たくさんのチャンスのなかで1点か2点を決めるパターンが多かったので、出場時間が伸びれば伸びるほど、自分でもいいリズムがつくれたというのは大きいですね。

──2試合連続で点を決めて、いいスタートができています。

そうですね。(清水)和也が怪我をしたことは、自分のマインド的にも大きかったです。(平田)マサと僕に求められるものは、和也がいなくなったことでより大きくなると思ったので、こうして結果を出すことができて一安心ですし、改めて次に迎えるなと思います。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼