SAL

MENU

作成日時:2024.05.18
更新日時:2024.05.20

【Fリーグオーシャンカップ2024|記者会見/名古屋vs大阪】1点ビハインドからの逆転で大会6連覇に王手。名古屋・イマノル監督「押し込む状態が長く難しいゲームだった」

PHOTO BY本田好伸

試合日程・結果はこちら


5月18日、名古屋金城ふ頭アリーナにてFリーグオーシャンカップ2024の準決勝が行われ、名古屋オーシャンズとシュライカー大阪が対戦。名古屋が2-1で大阪に勝利し、2年連続で決勝に進出した。

試合を終え、イマノル監督と吉川智貴が記者会見に出席した。

押し込んでいるなかでどう崩すかだった

●名古屋オーシャンズ|イマノル監督

──今日の試合を振り返って。

難しい試合になりました。押し込む状態がかなり長いゲームでしたが、そこで自分たちが少し難しくしてしまいました。前半は負けて折り返し、押し込んでいるなかでどう崩すかという展開でした。最終的には追いついてからパワープレーをして、勝つことができました。

──第2ピリオド早々にゴールを決めました。ハーフタイムで声をかけたことは?

ハーフタイムでは守備の強度を上げること。相手のプレス回避にもそれをさせないで、そこでボールを自分たちで持って、そこから攻撃しようと話をしました。

──ピヴォがいないクワトロのセットを起用する時間も長かったですが、清水和也がいる時間は名古屋にどんなスタイルを浸透させたい?

システムよりかはプレーモデルを大事にしています。誰が出ていても、相手を見てプレーすること。システムにはこだわらないで、プレーモデルにフォーカスしています。3-1、クワトロ、2-2など、いろんな形でやっています。

難しい試合で勝てたことが収獲

●名古屋オーシャンズ|吉川智貴

──明日の決勝戦に向けて。

決勝は勝つしかないので、一昨日、今日とプレーして、自分たちがやるべきことをやって優勝したいです。

──今日の収穫は?

収穫ですか……勝ったことです(笑)。

──手応えは?

今日の試合は結果にも表れていますがすごく難しかった。相手が引いている状態で、こちらはうまく崩せなかった。そこでも勝てたことが収穫だと思います。

──今シーズンはキャプテンとなりました。イマノル監督はスペインで一緒にプレーしたこともあります。戦術など、やりたいことを理解していると思いますが、昨シーズンのチームからの変化は?

全部、変わりました。本当に全部が変わりました。攻撃も守備も。

──イマノル監督は攻撃を好むということです。人もボールも広く動かすイメージがあります。スペインでもそうですか?

そうですね。そこは変わらないですね。

──フィット具合はどうですか?

だいぶ、いいと思います。まだまだ改善点はたくさんありますし、準備期間も短かったですが、その期間を考えればいい仕上がりになっていると思います。改善点はたくさんあり、今日は収穫よりもそうしたところが見つかった試合でした。ただ、勝っているので、勝ちながらよくしているのはいいことですね。

──もっとおもしろいフットサルを見せられそう?

そうですね。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼