SAL

MENU

作成日時:2024.05.18
更新日時:2024.05.20

【Fリーグオーシャンカップ2024|記者会見/立川vs町田】勢いのある立川をくだし、決勝は名古屋との一戦へ。町田・伊藤圭汰「名古屋にリベンジするシーズンとして結果で証明したい」

PHOTO BY

試合日程・結果はこちら


5月18日、名古屋金城ふ頭アリーナにてFリーグオーシャンカップ2024の準決勝が行われ、立川アスレティックFCとペスカドーラ町田が対戦。町田は5-2で立川に勝利し、決勝進出を決めた。

試合を終え、甲斐修侍監督と伊藤圭汰が記者会見に出席した。

最後までメンタルを切らすことなく戦ってくれた

●ペスカドーラ町田|甲斐修侍監督

──今日の試合を振り返って。

まず、立川との試合ということで、直近では全日本選手権でも負けましたし、今日も似たような難しいゲームになるとは話していました。ただ、新シーズンになって各チームが監督やスタイルも変わったなかで、立川は、去年の状態を引き継いでいて、迷いなく戦ってくるチームだと認識したうえで、タフになると想定して挑みました。

選手は、チームとして準備したメンタル面のコントロールやハードワークを最後まで切らすことなく戦ってくれました。勝利を手繰り寄せましたが、どちらに転んでもおかしくはない試合でした。まずは結果として勝ったことに対して、選手を称えたいと思います。

──ヴィニシウス選手がハットトリック。彼については?

バナナ(ヴィニシウスの愛称)は年々コンディションが上がっていますし、与えているタスクの量も増やし、ハードルを上げています。年齢だからと落とすのではなく、上げています。ブラジル遠征では、普段、日本では食べないような美味しいものを食べたからかウエイトが増したというマイナスもありますが(笑)、体重以上に彼は、シーズン最初のコンディションが良かったですね。

バナナは、試合を動かし、結果につながるプレーをできる選手です。うまくコントロールしながら、周りも彼の弱い部分を補って、彼が結果を出すという全体のバランス感で手繰り寄せた結果だと思います。

──森岡薫選手が早めにピッチに立ちましたが、失点にも絡んでしまい、その後はあまり出番がありませんでした。現在、森岡選手をどのように評価していますか?

薫は、シーズンに入ってからの練習でも少しずつF1の強度に馴染むように努力しています。ブラジル遠征でも、初戦から最後のAABB(アーベーベー)との試合までもフィジカルコンディションの変化が見られました。

今日は、フィジカル強度ではFリーグでもベスト3に入る立川なので、彼には久しぶりの空間だったと思います。おそらく、ここから1、2カ月のトレーニングで整えれば、薫にしかできないような局面での強さやチームを助けられるプレーができると思う。今はとにかく怪我をしないように。今日、良いか悪いかは問題ではありません。1分の出場でも違いを見せられる選手なので、うまくやっていきたいと思います。

──名古屋との決勝に向けては?

名古屋は、他とは違う特別なチームです。去年もあれだけの戦いをしながら優勝できませんでした。でも僕たちは若いチームです。なかなか得ることができない経験のなかで1年を過ごせた。ただ、勝負事ですし、明日は決勝です。名古屋は優れたチームですが、自分たちのできることを100%やって、勝ちにいって、全力で挑みたいと思います。

──三宅悠斗選手は、今大会でデビューして、いきなり主軸として活躍しています。可能性を感じるプレーばかりでしたが、甲斐監督はどのような評価をしていますか?

同じように、可能性しか感じていません。チームには去年、合流しました。3月に足首の怪我で手術をして、9月まではリハビリを続けていて全体練習には参加できませんでした。そこからトップの練習に帯同していましたが、登録はアスピランチでした。年末から年始で、少しずつ頭角を表して、それこそ全日本選手権でも、すでに試合に使いたいくらいでした。登録の関係上でそれはできなかったですが。

そこから今シーズンも変わらずに高いパフォーマンスで、ブラジルでもブラジル人を相手に持ち味を発揮していました。一昨日の長野戦でも、僕らの想像を超えるような得点を決めました。

フットサルの動きや扱い方などはまだこれからですけど、ポテンシャルや能力はフットサルを覚える必要はないものですから、そこを踏まえてこれから学んでいくところです。

現状でもあれだけやってくれるので、僕らも楽しみにしています。

今日のようなハードワークをすれば勝てる

●ペスカドーラ町田|伊藤圭汰

──明日の決勝戦に向けて。

昨シーズンの悔しさを忘れたことは一度もないですし、名古屋にリベンジするシーズンですから、結果で証明したい。簡単な試合ではないですけど、今日のようなハードワークをすれば勝てると思う。明日の試合、すごく楽しみです。

──昨シーズンよりもアラの機動力や縦への意識が強まっている。変化はありますか?

これといってないですけど、ブラジルを経験して、ブラジル人の前を狙う選択肢はみんなが少しずつ感じてプレーしているのかなと。そこを意識していることが出たかな、と。

──ジオヴァンニがいなくなり、新しい守備を構築しているところです。堅守はどのように?

ジオはいなくなりますが、今日出場した土岡(優晟)も止める選手です。昨年のベースを継続しながら守れば、ジオではなくても守れます。自信をもっていますし、そこは強みだと思っています。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼