SAL

MENU

作成日時:2024.05.19
更新日時:2024.05.20

【Fリーグオーシャンカップ2024|ミックス/名古屋vs大阪】新生・シュライカーを象徴する攻撃色。フィクソ・安彦憲史郎が最前線で奪った超速攻弾「自分は蹴り込むだけだった」

PHOTO BY本田好伸

試合日程・結果はこちら


5月18日、名古屋金城ふ頭アリーナにてFリーグオーシャンカップ2024の準決勝が行われ、名古屋オーシャンズとシュライカー大阪が対戦。大阪は1-2で名古屋に敗戦し、明日の3位決定戦に臨む。

絶対王者・名古屋を相手に先制ゴールを決めた大阪・安彦憲史郎が試合を振り返った。

昨季よりも自分たちがボールを握る回数が増えた

──今日の試合を振り返っていかがでしたか?

前半は粘り強く硬い試合ができたと思います。後半立ち上がりに失点したのはもったいなかったなと思います。あとはしっかり決めるところを決める。攻撃で自分たちがしっかりボールを支配して、主導権を握ることがあまりできなかったですね。

──ご自身の先制ゴールについてお聞かせください。

まずゴールの前に自分がボールを奪われてカウンターを受けてしまいました。それを取り返してまたカウンターという流れで、セグンドで待ってたらすごく良いパスが来たので、あとはそれを蹴り込むだけでした。自分たちはカウンターでのゴールを狙っていたので、そこはよかったと思います。

──名古屋相手に先制し、ベンチを含めたチームの雰囲気の良さを感じました。ハーフタイムでどのような声を掛け合っていましたか?

メンタル的にも戦術的にも前向きな言葉をみんなでたくさん発言していました。追いつかれ逆転はされましたが、ポジティブな言葉が多くてチームの雰囲気が崩れることはなかったと思います。

──オーシャンカップは新シーズンの新たな取り組みを試す機会でもあると思いますが、チームはどのような狙いを持って今大会に挑みましたか?

昨季からそこまで大きくは変わっていません。監督が変わっただけで選手も大きな変化はないので、去年からやってきたものを継続して、さらに自分たちのフットサルをバージョンアップしていきたいです。昨季よりも自分たちがボールを握る回数が増えたんじゃないかなと思います。今大会はその姿を見せることができればと思っていました。

 

──同点から勝ち越しと、時間を追うごとに厳しい展開となってしまいましたが、強度のあるチームに対してどのように打開しようと狙いを持っていたのでしょうか?

僕たちは3-1システムでやっているので、まずはしっかりピヴォにボールを当てる。できなかったら4-0にシステムを変えて、ボールを握るところからスタートしています。逆転されてからは時間がなかったので、パワープレーでリスクを負ってでも取りに行こうと攻めました。それでも点が取れなかったことが、今日の課題ですね。

──最後にオーシャンカップラストゲームとなる3位決定戦と、それから新シーズンに向けての意気込みをお願いします。

もう負けてしまったので3位決定戦をしっかり勝って終えることがチームとしても個人としても絶対条件だと思っています。リーグは日程も出ていますし期間があるわけでもないので、初戦の町田戦に向けてこの大会でスカウティングもして準備をしていきたいです。個人としても今年はより目にみえるゴールという結果にこだわっていきたいと思います。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼