SAL

MENU

作成日時:2024.05.21
更新日時:2024.05.21

【Fリーグオーシャンカップ2024|記者会見/立川vs町田】今季から新加入の大澤が感じた立川の真の姿「立川の勝負強さは練習でも試合でも感じる。自分もその勝負強さを身につけていきたい」

PHOTO BY本田好伸

5月18日、名古屋金城ふ頭アリーナにてFリーグオーシャンカップ2024の準決勝が行われ、立川アスレティックとペスカドーラ町田が対戦。立川は2-5で町田に敗戦し、決勝進出を逃した。

翌19日の3位決定戦では、今季ボルクバレット北九州から新加入した大澤将士が、中村充の右サイドからのパスをゴール前で押し込み値千金の同点ゴールを記録。惜しくもシュライカー大阪にPK戦の末に敗れ、4位で大会を終えた。

準決勝ではゴールこそなかったものの、精力的にピッチを動き回りボールを引き出す動きを見せた大澤将士が、試合を振り返った。

ハードな試合は予想していた

──今日の試合(準決勝の町田戦)を振り返っていかがでしたか?

町田さんも昨季リーグ2位と強いチームというのはわかっていたので、ハードな試合になることは予想していました。連戦というのもありコンディションもきついなか、序盤はなかなか自分たちのペースを掴めなかったですが、先にゴールを決めていい流れで進めていくことができました。ただ最後は相手の方が決めるところをしっかりと決め切ったという印象です。

──ハードな試合だったとのことですが、実際にどのあたりに厳しさを感じましたか?

前からの守備ですね。相手にはアジリティが高い選手が前に多いので、なかなか後ろでボールを持たせてもらえずに、駆け引きをする時間を作れず前半は結構苦しみました。

──その第1ピリオドを踏まえて、第2ピリオドではどのような狙いを持って挑んだのでしょうか?

ピヴォ当てにはこだわらず、ピヴォが空けたサイドで2人組で後ろからワンツーなりで抜けてチャンスを作って行こうと話しました。ピヴォはもう縦で勝負しようという狙いでした。

──今季から立川に新加入されて、連携面での手応えはいかがでしょうか?

まだ1ヶ月半くらいしか一緒にプレーしていないですけど、自分が思っていたよりも早くコミュニケーションは取れています。もう少し時間がかかるかなと思ったんですけど、思ったよりも早くいい関係でできているので、ここからリーグ開幕に向けてもう一段階コミュニケーションを深めていければなと思います。

──今日の試合を踏まえて、どんなことが現状のチームと個人の課題だと感じますか?

監督が変わってからそんなに長い期間経過していないので、もう少し守備や攻撃の面での戦術理解というのは、自分を含めてチーム全員が深めていければ、もっと監督がやろうとしているフットサルが体現できると思います。個人としては、昨季リーグ戦であまりゴールを決めることができなかったので、今年は数字にこだわってゴールを貪欲に狙って行きたいと思っています。

──これまでのチームと、立川はどのような部分に違いを感じますか?

立川は毎年主力が抜けていますが、それでもしっかり上位に食い込んでくるチームです。負けてはいけないクラブだなと、外から見てもそうですし、実際に加入してもそう思った。1試合ごとにいい緊張感があり「負けちゃだめだ」と強く思いながらプレーしています。

外から見た印象と実際にチームに加入して感じたことは同じでした。選手たちはもう少しサバサバしているのかなと思いましたけど(笑)。思ったよりもフレンドリーで馴染みやすかったです。プレーの面だと、決定機を決め切るとか、勝負強さは練習でも試合でも、このオーシャンカップでも改めて感じました。自分もその勝負強さを身につけていきたいと思っています。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼