SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.06.24

【F1第5節/すみだ×浦安】先制するも決定力不足で逆転負け。「相手はミスを決めて、こちらは決めきれなかった」(浦安 アルベルト・リケル監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月24日(月)にFリーグ2019/2020 ディビジョン1第5節のフウガドールすみだvsバルドラール浦安が墨田区総合体育館で行われ、2-3で浦安は敗れている。

立ち上がりから積極的な入りを見せる浦安は、2分に左サイドでボールを持った永島俊が1人交わして左足で放ったシュートがゴールネットを揺らす。入りの勢いのまま先制した浦安だったが、8分、12分に失点して前半は1点ビハインドで終えた。

後半立ち上がり、浦安はポゼッションを高めて相手陣内へと攻め込む場面が増える。しかし28分に一瞬の隙からゴールを奪われて2点差とされた。その後試合はややこう着状態となると、浦安は33分から長坂拓海をゴレイロに置いてパワープレーを開始。途中に石田健太郎がゴレイロに変わるなど微調整をすると、残り6秒で長坂のゴールが決まる。しかし反撃もここまでで、浦安は惜しくも1点差で敗れた。

観客にとっても面白くない試合だった

アルベルト・リケル監督(バルドラール浦安)

──試合を振り返って。

前半は自分たちがやってきた、やりたかったことができました。後半は最後尾のミスで3-1になってしまいました。実際に3失点目は大きくて、ボールを回せなくなったり、パスをミスすることが多くなってしまいました。相手の決定力は高く、自分たちは相手がミスしたところを決めきることができなかったです。

この前の湘南との試合ではピッチでうまく表現できました。今日は先に1点を決めて、整った安定した試合だったと思います。そこで1点決められたことでチームは不安定になります。そして自分たちの2点目はパワープレーから決めたものでした。

ファウルが多い中で、相手は押していてもファウルを取ってくれない場面もありました。その辺は自分たちに運がなかったと思います。実際にファウルが多くて、観客にとってもあまり面白くない試合になったと思います。

──1stセット(野村啓介、加藤竜馬、宮崎岳、ディドゥダ)は去年からかなり信頼して送り出していると思うが、課題などは?

実際に課題はあります。良い試合もあるし、悪い試合もあります。そして、自分たちは良い試合をしても悪い試合をしても(得点は)1点か0点という状況です。今日は2-3で自分たちにとっては悪い試合だったと思います。

3失点目については5人目の選手がガリンシャにボールを取られましたが、そこで取られればこういう結果になります。湘南、すみだにあって、自分たちにない個の力の部分はみんなが意識しないといけないです。相手に点をプレゼントしてしまうようではいけない。辛い試合になりましたが、後半は好きな試合ではなかった。

──パワープレーでゴレイロを入れ替えていた狙いは?

そこはコミュニケーションの問題で間違ってしまいました。自分たちがやりたかったこととして、石田選手を奥で使った時(ハーフウェイ付近)はやりたいことをやってくれました。

──次節に向けて

このままうまくやり続けることはもちろん、相手に簡単に点を与えないことが大事です。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami