SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.06.29

【F1第6節/仙台×浦安】浦安に善戦も1-3で敗れる。「明日もあるので切り替えて勝ち点3を取りにいきたい」(仙台 堀内迪弥)

PHOTO BY軍記ひろし

6月29日(土)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 共同開催名古屋ラウンドの2日目が開催された。この日の第1試合、ヴォスクオーレ仙台はバルドラール浦安に1-3で敗れた。

2分41秒、浦安が6つ目のファウルを犯したことで仙台に第2PKのチャンス。森村孝志がキッカーを務めたがこれは相手GKに阻まれてしまい1−1で前半が終了。

同点で迎えた後半戦、仙台はカウンターを中心に攻めるが29分、32分に失点を重ねスコアは1−3。3失点目の直後にホセ・フェルナンデス監督はタイムアウトを取り、アラン・ギタヒをGKにパワープレーを開始。

それでも仙台はゴールを奪えず1−3のまま試合が終了。リーグ3連勝とはならなかった。

勝ち点6を取りたかった

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

浦安は勝点3を取ることができたので拍手を送りたいと思います。両チームで勝ち点3をより取りたいと思っていたのはバルドラール浦安の方と感じました。自分たちがこの6節で疲れていたのがわかりました。選手は100%で戦ったと思います。ですが試合に集中していると言ったらそうではない。他の部分で心配事をしているように感じました。それだけです。

──内容はいいが結果が出ていない。勝ち切るためには何が必要になるのか。

それは難しい質問ですね。僕は仙台で監督をしていますが、試合に勝つための最後の一歩は自分がだけでは何も変えられない。正直、このことに考えることよりも他のことを心配していて、変えなければいけないことがあります。選手たちも監督と同じように思っていると思います。選手たちも試合に勝ちたいと思っています。選手たちの力だけでもないし、監督の力も他の力も必要だと思います。

堀内迪弥(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

この2連戦で勝ち点6をチームとして取りに行きたかった。今日負けてしまって3ポイントを失ってしまったことは悔しく思います。試合の内容でいえば前半は1-0でリードしていて、自分たちのミスで追いつかれて、後半は相手の方がリズムを作られて耐えきれなかった。明日、(ボアルース)長野と試合があるので切り替えて勝ち点3を取りにいきたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami