SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.06.29

【F1第6節/仙台×浦安】仙台に3-1で連戦初日を勝利する!「安定して自分たちのフットサルができた」(浦安 アルベルト・リケル監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月29日(土)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 共同開催名古屋ラウンドの2日目が開催されバルドラール浦安はヴォスクオーレ仙台と対戦。3−1で浦安が勝利を収めた。

試合は開始4分に仙台のゴールで先制を許してしまう。しかし、15分に長坂拓海のパスを受けた石田健太郎がゴール。同点で試合を折り返す。

後半もパス回しで試合の主導権を握ったがゴールがなかなか奪えなかった。しかし、29分に永島俊がゴール。32分には右サイドをドリブル突破した加藤竜馬の折り返しを宮崎岳が押し込んで2点差とする。このゴールの直後に仙台はタイムアウトを取りパワープレーを開始。

浦安は点差を広げるべくパワープレー返しを試みるがディドゥダのシュートがポストに嫌われるなどネットが揺らせない。それでも、相手の猛攻を耐えしのぎ勝ち点3を手にした。

選手たちがやってきた努力も見合うような勝利だった

アルベルト・リケル監督(バルドラール浦安)

──試合を振り返って。

目標であった安定してプレーする目標は達成できました。相手からゴールを取ることも達成できました。早い時間に失点しましたがその後、崩れず安定した自分たちのフットサルができて点を取り返せたので良かった。選手たちがやってきた努力も見合うような勝利だったかなと思います。

──安定したフットサルができるようになり上位との戦いが続きますがどんなプランを立てていますか。

目標は同じで、自分たちが「勝ちたい」という気持ちを持って試合に臨むこと。そういった気持ちがあれば競争できると思いますし、少しずつ難しいところは毎回の試合で出てくることはあります。ですが全く同じことをするだけで、自分たちが勝ちたい気持ちを持って毎回の試合に臨んでいく、それだけです。

加藤竜馬(バルドラール浦安)

──試合を振り返って。

監督が言ったようにここ数試合波がありましたが今日は40分間、自分たちのフットサルをやり続けた結果が勝ちに繋がったと思います。明日も強度高くやれるように頑張りたいです。

──波が出た原因は?

フウガ(ドールすみだ)戦は前から(プレスに)来ていた相手に対してコントロールが悪くなり引っかかるシーンが多かった。今日に関しては相手から取ってコントロールして安全なパスを通して背後を取ることが今日はできました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami