SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.06.29

【F1第6節/大分×湘南】2度リードするも逃げ切りに失敗「これでも勝てないのは流石首位のチーム」(湘南 奥村敬人監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月29日(土)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 共同開催名古屋ラウンドの2日目が武田テバオーシャンアリーナで行われ、湘南ベルマーレはバサジィ大分に2-2の引き分けに終わった。

共同開催初戦を迎えた湘南は、前日のエスポラーダ北海道戦に勝利して開幕6連勝とした首位の大分と対戦。立ち上がりから大分の攻撃に押し込まれる湘南だったが、2分に左サイドでボールを受けた内村俊太のシュートがポストを叩くも、刈込真人がこれを押し込んで先制した。その後は、チャンスを作り出す湘南だったが、決めきれず。すると前半終了1秒前に、昨シーズンまで在籍した小門勇太に豪快に蹴り込まれ、同点に追いつかれて前半を終えた。

後半は良い入りを見せると、27分にカウンターのチャンス。裏を取った中央のマルロンから左サイドの植松晃都に展開し、最後はセグンドの鍛代元気が決めて、湘南が勝ち越した。前半同様にその後はチャンスを決めきれず、リードしながらも苦しい展開となると、相手がパワープレーを仕掛けて迎えた39分に被弾。そのまま試合終了のホイッスルを迎え、2度リードを手にした湘南だったが逃げ切りに失敗した。

引き分けを良かったと思えるように

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)

──試合を振り返って。

終わったばかりで、正直に頭の中の整理できない状況です。今日の試合が始まるにあたって、大分は昨日の5時から試合があって、1日の休養も取れないままでの試合。自分たちは昨日の試合はなくてフレッシュな状態での試合で、コンディションのアドバンテージありました。

それでも勝てないのは流石に首位のチームだなと。ディフェンスは体力温存でハーフに引いていましたが、その中でこちらは機動力を使って相手の背後を使って、もっと走らせる狙いがありました。ただ、こちらももう一歩走りきれなかった印象です。

効率よく点は取れて、相手にパワープレーをさせて、パワープレー返しのチャンスもあったのでもったいないです。こちらとしても、あそこに上がった時に、力を振り絞ってシュートを打つ力がなかったのかなと。それは大分のピヴォ当てやその後の走り、ボディコンタクトなどの部分で圧力があったと感じています。

ただ、連勝止めることができたので、そこは良かったなと。自分たちが負ければ彼らに独走させてしまいますし、僕らとの勝ち点差も開く中で、引き分けは悔しいですが、明日の試合に勝って今日の引き分けが良かったと思えるようにまた準備したいと思います。

──相手のパワープレーに対して前からプレスをかけるのか、引いて守るかの選択がある中で、引いて守った理由は?

ゴレイロの選手がクリアランスなら前からいく、フィールドの選手がクリアランスするなら引くと決めていました。白方選手がクリアランスだったので引きました。矢澤選手が投げるシチュエーションなら行こうということです。受ける形に見えたかもしれないですが、リスクマネジメントした結果です。

──パワープレーの失点については、サイドを警戒するあまりに中央が空いてしまったように見えたが。

あの位置からのシュートならば、フィウーザなら信頼関係で止めてくれるというところです。森選手のシュートが本当に素晴らしかったなと。逆に、心理的には打ってしまえというような印象を受けました。サイドに散らしても攻めきれないなという判断から一か八かのシュートのように僕には見えました。

それが素晴らしいコースに飛んだなと。あの時間帯に打てるフィジカルやメンタル。リスクがある中、あのシュートを打ち切れるのはさすが7点を取っている選手だと思います。ただ、あの場面はフィウーザとの信頼関係があるので、相手を褒めるしかないかなと思います。

鍛代元気(湘南ベルマーレ)

──試合を振り返って。

勝ちたかったなというのが率直な感想です。残り1分までは勝てている状況でした。そこは僕らの中での良かった部分だと思いつつも、最後の最後で勝てなかった事実があります。

そこは自分たちに目を向けてなぜそうなったのか。そしてなぜあそこまで勝っている状況で持っていけたのか。自分たちに矢印を向けて次の準備して、落ち込んでも仕方ないので、明日の試合に向けてやっていきたいと思います。次こそ勝って小田原に帰りたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami