SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.06.29

【F1第6節/名古屋×北海道】北海道に6ゴールを決めた名古屋。「明日につながる試合だった」(名古屋 星龍太)

PHOTO BY軍記ひろし

6月29日(土)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 共同開催名古屋ラウンドの2日目が開催され名古屋オーシャンズはエスポラーダ北海道に6-2で勝利した。

試合は開始2分11秒に西谷良介が先制ゴール。その後も名古屋が主導権を握り続けと11分に吉川智貴がゴールを決めて2点差。猛攻を仕掛け前半だけで計19本のゴールを奪ったが前半は2ゴールで終了。

迎えた後半、24分に早速点が動く。ペピータからのパスを受けた安藤良平が冷静に決めて3-0。33分には平田ネトアントニオマサノリの落としを受けたラファがゴールを決めてさらに点差をつける。34分にペピータが決めると39分には水谷颯真の名古屋加入後、リーグ初ゴールが決まる。

名古屋はその後、北海道のパワープレーで2失点。6-2で試合が終了し、連戦初日を勝利で終えた。

最後の2失点は気にしていない

フエンテス監督(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

非常にポジティブな結果でした。この勝ち点3というのは私たちが最初から最後までゲームで作り上げた結果だと思います。試合の中でもいいシーンはほとんどでした。ただし不安定な時間帯もありましたが、基本的には前半から修正して前半ではサイドでのサポートの作りが遅くタイミングが遅れました。相手のプレッシャーにはまり回避できませんでしたがそれは修正してハーフタイムでまた話し合って、流れとして良くなった。最後は残念なところもありましたが全体的にいい試合でした。

──ここ数試合、やりたい戦いができていると思うがあえて課題を挙げるとすなら何がありますか?

正直、今日の2失点は気にしていない。私たちのチームづくりもプロセスです。段階を踏んでいくと結果にこだわって戦うこと。その後に来るのが私たちが一週間やってきたチームづくりもまだまだプロセスは長いのでしっかりとピッチでやったことができているかを評価します。そこが修正も含めて流れも良くなりました。ある程度の余裕が持てる展開だった。

私はまだセントラル開催の2連戦は初めてです。ある程度のスコアが作れた上で明日試合も頭に入れていた。ですがプロセスは勝つ、私たちがやるべきことができているか。そこから相手と次の今回みたいに次の連戦を重視して、最後の2失点は気になっていない。まずは私たちのやれることがどこまでできるかなので良かった。

──「ある程度の余裕が持てた」というのは、やりたいことができているという意味では理想的ですが、一方で、高い強度のなかでヒリヒリするような試合にならないという意味では、物足りなさもあるのではないでしょうか?

ゲームの中で余裕が作れているのことで私たちが進むべき方向に進めているというのは確信できてチームにとってもいいことです。そこでの余裕が生まれたときに緊張感であったり、先ほどの話であった状況が生まれてしまうのは余裕が生まれてしまう中で相手もよりモチベーション高くきますし、ある程度自然な流れなのかなと。私たちも注意しながら、私たち自身の戦いになります。

チーム的にペースを落としてしまったら私の責任なので、そこでの注意や強度を落とさなかったりと集中力を保ってやる私が注意すべき点です。余裕を持てるゲームへ持っていくことが私たちがまず作り上げていけない段階。それを作れているのは効果的で、選手の気持ちであったり姿勢だけでなく、私たちはプロセスを踏んでいる段階。選手の使い方にも余裕があるところでいろいろ試すことで知るチャンスになります。そこでスコアが左右してしまうタイミングでもある。シビアな状況なら使い方も変わるので、今日の結果にもプロセスに直接関係しない。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

最後だけ見ると悪い印象になってしまいますが、監督が言った通り作り上げてきたものが結果としてある。最後のところだけ目を向けるのは違った話。全体的にいい試合だと思うし、その中でも修正点を得て、明日の試合もありますけど勝てたことは明日につながる試合だったのかなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami