SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.06.29

【F1第6節/立川・府中×町田】攻守のキーマン不在で泥沼の4連敗。「40分間、守り切れていないことが理由の一つ」(町田 ルイス・ベルナット監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月29日(土)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 共同開催名古屋ラウンドの2日目が武田テバオーシャンアリーナで行われ、ペスカドーラ町田は立川・府中アスレティックFCに2-4で敗れた。

イゴールや森岡薫といった攻守の核を欠く厳しい戦いを強いられている町田は、2分にカウンターから先制点を与えるなど、この日も不安定な立ち上がりを見せてしまう。それでも6分、右サイドをシンプルなパスワークで抜け出した滝田学が、クロスバーをたたきながらラインを割る強烈なシュートを決めて同点に追いつくことに成功した。

しかし、試合のペースをつかめない町田は、14分、16分の連続失点で1-3とビハインドで折り返すことに。後半、22分に室田祐希がゴール前で泥臭く押し込んで盛り返したものの、26分に再び追加点を奪われ流れを変えられず。残り5分を切ったところで室田をゴレイロにパワープレーを始めたものの、スコアを動かせないまま試合は終了。6試合で32失点を喫して、これで4連敗と、窮状を脱することができなかった。

試合に向けた気持ちのケアができていなかった

ルイス・ベルナット監督(ペスカドーラ町田)

──今日の試合を振り返って。

1週間、勝つためにやってきましたがまた負けてしまいました。でも、切り替えてやっていくしかありません。前半の20分でいい戦いができても、後半の20分がまた悪い流れになってしまいました。DFラインで、一人ひとりのミスが多く見られた試合でしたし、この試合の敗因は、私が責任を負いたいと思います。

ですが今後、守りの意識や、一つひとつのポイントをすり合わせていかないといけません。そうやって次の試合につなげていきたいと思います。最後に、今日もこういった素晴らしい会場、環境で戦わせてもらい、ファン、サポーターの方の応援など、Fリーグを支えてくださる方に「ありがとう」の感謝をお伝えしたいです。

──ここまで6試合で32失点。守備に課題があると思うが、失点が増えている原因は?

そのテーマは選手とも課題に挙げているポイントの一つです。40分間、守り切れていないことが理由の一つです。1人、2人、3人と、ミスがこういう結果につながっていることは明らかです。ボールを取られてはいけないところでカットされてしまったり、相手の選手を見失ってしまったり。そこは、誰か一人が原因ではなく、グループとして、選手のマネージメントをうまくできていない自分に責任があります。チームへの意識づけや試合に向けた気持ちのケアができていませんでした。

これはベテラン、若手ということではなく、全員の気持ちが入ることでチームができていきますから、そこのケアはもっと強化していきたいと思います。選手一人ひとりは、日々のトレーニングから戦ってくれていますし、この状況を抜け出したいと強く思っていることも理解しています。家を建てることに例えるなら、やはり下からしっかりと組み立てていくことが重要です。

ボールを奪われたときの切り替え、ラインをすぐに下げる、体を張る守備、チームメートのミスのケアと切り替えなどが必要です。守備を固めることが次のステップになると思っています。

滝田学(ペスカドーラ町田)

──今日の試合を振り返って。

キャプテンとして、チームを助けないといけない立場ですが、試合を壊してしまったのが僕自身でした。一人ひとりの声がけなど、いいファイトをしていましたし、監督を中心にまとまっていました。最初に失点しましたが、前半はみんなで盛り上げて進むことができていました。

本当に、壊してはいけない選手が試合を壊してしまったことが、今日の敗因かなと思っています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami