SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.06.29

【F1第6節/長野×すみだ】最下位相手に反省が多い勝利。「まずは明日の名古屋戦にすべてを燃やしたい」(すみだ 須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月29日(土)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 共同開催名古屋ラウンドの2日目が武田テバオーシャンアリーナで行われ、フウガドールすみだはボアルース長野に6-3で勝利した。

ここまで4勝1敗と好成績のすみだは、立ち上がりこそ長野にチャンスを作られるが、2分には右サイドの丹羽脩人からのシュートパスをセグンドで春木啓佑が押し込んで先制に成功。同点とされて迎えた12分には、ゴレイロのダニーロからのロングパスを受けたデネルが、胸トラップから右足を振り抜き、これがネットを揺らし勝ち越した。ところが前半終了間際にも失点して、同点で後半を迎えることになってしまった。

22分、相手ゴレイロが攻め上がってきたところで起きたパスのエラーを、ダニーロがそのままキャッチしてパワープレー返しを狙い、これがネットを揺らして3度目のリードを奪う。しかし、直後に長野に点を奪われ、またしても追いつかれる展開となってしまった。

それでも25分、カウンターから最後は栗本博生が勝ち越しゴールを奪い、試合終盤には田口元気、ガリンシャが連続でゴールネットを揺らし、終わってみれば6-3と差をつけて勝利した。

この試合を教訓にしているようではダメ

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

──試合を振り返って。

勝ち点3を手にいれるという最低の条件をクリアできて嬉しく思っています。難しいゲームになると思っていて、想像以上に色々な難しさがありました。1つはレフェリーのジャッチの基準で自分たちがナーバスになってしまいました。基準をすり合わせる作業ができればよかったですが、それができない未熟さが出たと思います。

その中でも最後までボール奪う意識を体現して、最終的に6-3というスコアになりました。実際には厳しい時間もりましたが、個人的には早いタイミングでそういったスコアに持ち込めたと思います。そこで取れるか取れないかで、厳しいか厳しくないかの分かれ道だったと思います。

こういうゲームを教訓にしている間はまだまだダメなのかなと。こういうゲームがないようにするために日々のトレーニングから危機感を持って、フィニッシュへの意識を高めていく。ゴールへの推進力、そこでのアイディアをしっかりとクリエイティブに考えることが求められると、あらためて痛感したゲームでした。

反省は置いておいて、まずは明日の名古屋戦に全てを燃やしたいと思います。

──実力差がある相手との試合では、入りから相手に合わせてしまうこともあると思うが。

まず、1つはレフェリーの基準が大きいです。例えば今日は、かなり深いタックルがお互いに入っていました。前回の浦安戦はそうならなくて、ここが基準だとなった時、今日でいえば深いタックルを取らないよという基準になった時に、足元でボールを収めるピヴォの選手にとっては厳しく、ディフェンス側が有利になります。

それはお互い同じで、ただ、ピヴォを使ったチームだと、どれくらいの強度でピヴォにディフェンスがきて、それが許容されるののかがキーポイントになります。

もう1つは前半、最初のセットでかなりのビッグチャンスがきていました。後半の最後に点を決めきったシーンよりも多いチャンスでした。あそこで決めるか決めないかでゲームプランは変わります。

ナーバな状態でピッチにたち続けなければいけない選手もいました。今日、Fリーグデビューだった外川(海斗)もそうですし、メンタル部分を軽くできるチャンスでできるかどうかが重要なポイントです。

今日はゴールに向かう意識が高かったですが、途中でピヴォを落として4人でボールを動かしながら攻撃をしました。デネル、栗本、中田(秀人)、岡村(康平)のセットで、相手を引き出しながらプレーをするアクションを取った時に、相手は寄せどころがなく、取りどころがなくて苦しんでいた印象があります。

どうしても均衡した試合になればなるほど、ゴールに向かわなければいけません。ポゼッションするよりもゴールに向かい意識が強すぎて、相手がボールを取りに来る強度とそれ(ジャッチ)が噛み合ってしまう。

逆に2点差があれば、取りに来る相手の動きを利用してプレーできますし、自分たちが点を取らなくても2-0でいいんだよというスコアで持っていけて、そういうマインドにもなります。

先にゴールを決めるか決めないかで状況は変わってきてしまいます。今日は自分たちがゴールに向かう姿勢と、彼らがボールを奪う姿勢がマッチした試合でしたし、だからこそ難しくなりました。

先にゴールを決めていれば、より相手の推進力を利用するフットサルができたと思います。そこが相手に合わせた、試合を難しくした要因だと今は分析しています。これから映像を見て分析しますが、今のところの僕の感想です。

諸江剣語(フウガドールすみだ)

──試合を振り返って。

非常に難しい試合で、勝ちきることができてよかったです。失点の仕方や時間帯は良くなくて、あとは決めるところを決められずに自分たちで難しくした試合でした。

明日、同じことをしていたら一方的な試合になると思うので、もっと集中力を高めて、しっかりと準備したいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami