SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.06.30

【F1第7節/町田×湘南】負の連鎖を断ち切る境川決戦の快勝「これからは悪い流れを断ち切り、良い試合ができる」(町田 ルイス・ベルナット監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月30日(日)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 共同開催名古屋ラウンドの最終日が武田テバオーシャンアリーナで行われ、ペスカドーラ町田と湘南ベルマーレによる境川決戦は4-0で町田が勝利した。

早くもリーグ戦では今季2度目の境川決戦。激しい球際の攻防、素早い切り替えなど立ち上がりからテンション高い入りとなった。すると町田は3分にカウンターからクレパウジ・ヴィニシウスがネットを揺らすと、5分に中村充、6分に滝田学が得点し一気に3-0とした。さらに12分にはカウンターから滝田がこの日2点目を奪う。ハーフタイムにかけては湘南がGKを使ったパワープレーで主導権を握ったが、点を与えずに後半を迎えた。

後半も湘南に押し込まれる町田だが、相手の攻撃をうまくいなしてカウンターからチャンスを作っていく。

指揮官は選手を称える

ルイス・ベルナット監督(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

一人一人が集中できていて、選手自身でコミュニケーションを取って戦っていたことは監督として嬉しく思います。しっかりとした守り、1点を取って、攻守の切り替え。全ての部分で選手たちがうまくできたと思いますし、私は評価しています。

悪い状況の中、この1勝はとても大きなものです。サポーターや町田のスタッフに勝利を届けられたことを嬉しく思います。これからはこの悪い流れを断ち切り、良い試合ができると思っています。

選手には本当に今回の素晴らしい試合をおめでとうと伝えたいです。そしてこれからも期待しています。また、この素晴らしい環境を作っていただいた、リーグのスタッフの方たちにもありがとうございましたとお伝えしたいです。

──今季は積極的に若手を起用している中、今日の試合では中村充選手がゴールを奪い、高いレベルのプレーを見せたが彼への評価は?

彼はチームの始動当初、大きなケガをしてしまいました。他の選手が練習を積んでンディション上げていく中、ケガのせいで彼はコンディションを上げることができませんでした。

ただ、シーズンに入ってからは試合に出る機会も増え、彼のコンディションは上がっていきました。それは監督としてもわかっていたことですし、2年前のAFC U-20フットサル選手権での彼のプレーも見ています。彼の実力を見てきました。

その中で今日のゴールは彼をさらに一歩成長させてくれると思います。キャプテンのようにストライカーを目指して、チームの中でゴール数を競り合って欲しいというのが、監督の願いです。

滝田学(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

いい状態のリーグ戦ではなかったですが、今日の試合は1分、1分クリアしていくことを目標においていました。明らかに失点が多いシーズンで、みんなもそれを理解して試合に臨んでいます。

1分ずつクリアすると言い合って、お互いを励まし合い、または監視しながら、抜けている選手がいれば、励まして強くいう。そこを確認しながらやっていました。できない部分もありましたが、1試合を通して気持ちを見せつけられたのは良かったところです。

ただ、課題はたくさん残る試合で、最低限の部分を見せられたと思います。しかしこのままじゃ、勝ち続けるのは難しいと自覚しています。そこに向けて次の練習から取り組んでいきたいと思います。

──この2試合で個人で3ゴール。コンディション面での変化は?

状態が上がっているというよりも、2年前に左足首のケガをして、いい状態でシュートを打つことができていませんでした。今は気にならなくなって、前の強度で打つことができています。

実は、右利きですが、左足でのゴールが多いんです。どっちでも打てるようになったのは、昨年から比べるとコンディションが戻ってきた印象です。ただ、去年が取れなさすぎて、もう去年を超えたので(苦笑)

個人的には(低い数字で)悲しいことではありますが、チームにとってはどこのポジションでも点を取ることが大事なので、引き続き上がっていけるようにと思っています。

滝田選手が質問に答え終わると、突然ルイス監督がコメント
今の質問に関して私もいいですか?

選手たちにいい雰囲気になってもらうことはとても嬉しいです。私が彼らに伝えているのは、もっとゴールが取れる選手ばかりいるのだから、もっと自信を持てシュートを打てということ。

選手たちが笑顔になってくれるのは監督として嬉しいことです。キャプテンは日本を代表する選手ですし、みなさんさんも彼のゴールに期待してもらって日本を盛り上げてもらいたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami