SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.06.30

【F1第7節/名古屋×すみだ】Fリーグ最多得点を塗り替える15ゴールで快勝!!「点を決めても0-0という気持ちで」(名古屋 フエンテス監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月30日(日)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 共同開催名古屋ラウンドの3日目が武田テバオーシャンアリーナで行われ、名古屋オーシャンズはフウガドールすみだに15-2で快勝した。

連戦初日にエスポラーダ北海道を6-2で下した名古屋は開始8分に先制点を奪う。前半8分、ペピータがミドルシュートを放つとこぼれ球に反応した平田ネトアントニオマサノリが詰めてネットを揺らす。

そして9分にはキックインから狙いすました形でラファがゴール。10分、ヴァルチーニョが高い位置で奪うと西谷良介につなぎ最後はヴァルチーニョが冷静に決めて3-0。11分にもラファが右サイドからミドルシュートを決めて4点差。14分には吉川智貴の折り返しをペピータが決めて5点差で前半を終える。

大差をつけて迎えた後半開始52秒、西谷が早速ネットを揺らすと23分には高い位置で奪ったヴァルチーニョがゴール。さらにコーナーキックのチャンスから星龍太がボレーを叩き込んで8-0。

残り4分半分からパワープレーを仕掛けられるがパワープレー返しやカウンターで4得点を奪い15−2で試合終了。名古屋がFリーグ最多得点を15に、最多得点差を13に塗り替えての勝利になった。

自信を得る反面、相手は自信を失った

フエンテス監督(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

今日の試合に関しては全てがよくいった試合だったと思います。ですがそれはチームとして強い相手と戦うと試合前から自覚した上、最初から気持ちを見せたプレーができたからチームに流れも作れました。強いディフェンスでボールを奪ってから全員で積極的にゴールを取りにいく姿勢がこの結果につながったと思います。

流れが作れてスコアもより有利になった状態で、私たちはそれに満足せず点を決めても0-0という気持ちを持って最後までやりきってくれた。気持ちの面でも点が入って流れが作れた中で、選手たちも自信がよりついた。逆に相手は流れが作れない中でより自信を失っていく。そこをうまく利用できたこともこういう結果につなげることができました。選手たちもどんな状況でもやりきる見せ方は非常に皆さんも満足できる試合だったのかなと思います。

──笠井大輝選手が初ゴールを決めましたが彼のプレー評価は?

若い選手にグループ競技の中でも今いる軸の選手はいますが、(名古屋は)若手を育てるスタンスを持ったクラブです。それに関しては常に私たちもクラブとして話し合って、重視しています。その中で練習だけでなく、選手が感覚であったり、成長するきっかけを作るのが試合だと思っています。

今日はある程度スコアにも余裕がある状況で使えるというのは監督としては楽でした。ただ、チームにも貢献できて、ここにいる若い選手はそれぞれ違う特徴を持っている。それを試合の中で選手としてもチームの軸、さらに練習で見せられているものを今度は自信を持って繋げていける。経験を積むことで自分の良さを出せていける。

笠井大輝に関しては非常にガッツのあるプレイヤーで、それを見せることができた。守備のも回ってくれてさらに今度はゴールも取っているので、他の試合に出るときと違う感覚を彼も感じることができたのではないかなと。、今後も何年か後のことを見据えて、そういう選手が軸になってほしいと思います。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

2連戦の2試合目は監督が言った通り、気持ちが大事だと思っています。気持ちの入り方も間違っていなかったので、最初に流れを作れてこういう結果になったと思います。また試合までの短い期間をいい形で過ごして、落としたら意味がないので、次の試合に向けて準備していきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami