SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.07.06

【ネクスト・ヒーローはオレだ!】多摩大フットサル部とバルドラール浦安で磨かれた原石。石田健太郎が目指す日本代表は「行かなければならない場所」

PHOTO BY軍記ひろし

次世代の日本代表を担う可能性を秘めた選手を紹介する「ネクスト・ヒーローはオレだ」。

今回はバルドラール浦安でU-20日本代表も経験した石田健太郎。サッカーの名門である帝京長岡高校時代にフットサルに触れ、多摩大学フットサル部とバルドラール浦安の兼任で一気にフットサルの経験を積んできた。

さらにはU-20日本代表としてAFC U-20フットサル選手権を戦うなど、わずかな期間で多くを学び真綿のように吸収していった。「自分にしかできない経験」を生かし、これから先に目指すものはやはり日本代表。そんな石田が語る日本代表への思いとは?

サッカーばかりだった帝京長岡時代

──帝京長岡高校でサッカーをされていた石田選手ですが、その経緯は?

小学1年生の時に友達に誘われて地元の少年団に入りました。他のスポーツはしたことなくて、その時に始めたサッカーが最初のスポーツです。そして5年生の時に長岡JYFC U-12に入りました。

──帝京長岡高校への登竜門と言われているチームですよね?

そうですね。強いチームだということは知っていましたし、そこで勝負したいなと思って入団しました。中学生も長岡JYFCでお世話になって、帝京長岡に入学する流れでしたね。

──帝京長岡高校時代にはJFA 全日本U-18フットサル選手権大会に出られています。サッカー部はフットサルにも力を入れていたんですか?

そういうことは全くありませんでした。フットサルの大会だからといって、事前に練習するようなことはありませんでしたね。大会はぶっつけ本番のような形でした。僕らが出た大会の時は、ちょうどサッカーの遠征が大会会場の近くで行われていたので、その遠征が終わって移動して参加しました。サッカーの一環、トレーニングのようなイメージでした。

──全くフットサルに触れることなく大会に臨んだんですね?

それも少し違って、サッカーの練習としてやっていたことはフットサルのようなものもありました。狭いコートの中でプレーするような練習もやっていたので、フットサルの大会でもそれほど苦労はしませんでしたね。

──その大会でベスト8まで進出しました。

僕らのチームは(伊藤)圭汰がいる北海道の(北海道釧路北陽)高校に負けました。でもそこまで勝ちあがれたのは、当時のメンバーの一人一人の技術がしっかりしていたからだと思いますね。

──高校サッカー選手権に向けてJFA 全日本U-18フットサル選手権大会に出るようなチームもあったと聞きましたが?

僕たちは選手権とあの大会は別物で考えていましたね。個人の伸びしろを考えて、今までやってきたことのプラスアルファとしてフットサルがありました。その選手権では県予選の決勝で負けました。アディショナルタイムを過ぎて決められて負けました(笑)。悔しかったですね。

──サッカーではそういった悔しさを味わったなかで、多摩大学に進学してフットサルを始めましたがそれはなぜですか?

サッカーについては高校までで終わりだなと。選手権が終わったことで、1つ終わったなと感じていました。そもそも、サッカーのフィジカル、高さ、スピードの部分で難しいなと思っていたので。そんななか、フットサルをやって楽しかったので、これをやっていこうと。ギリギリまでサッカーを続けることも悩んでいましたが、フットサルができる環境を考えて、推薦で入学できる多摩大学に進みました。みんなより遅くて、進路が決まったのは1月というギリギリのタイミングでしたね。

──そこからフットサル人生が始まり、あっという間に特別指定でバルドラール浦安への加入が決まりました。その話が出た時を覚えていますか?

大学に入ってからパラレラなど動き方を1から勉強している段階だったので、浦安から話をもらった時は嬉しかったですね。でもフットサル独特の守備の難しさや、特に浦安は戦術が多彩です。そういうフットサルの奥深さを全くわからないなかで入りました。基本は多摩大学で学び、そこから浦安に入って練習参加して、より深く学んでいった感じですね。

──当時の浦安は米川正夫監督だったと思います。

そうですね。なので米川監督からは色々なことを学びました。

──それから、これまたあっという間にU-20にも選ばれましたね。

なので、一時は多摩大で練習して、浦安で練習して、代表でもプレーする。それぞれのチームで戦術が違うので、覚えることが多くて大変でしたね。でもそれは自分にしかできない経験です。それが今はプラスになっていると思います。

【次ページ】全てが自分にしかできない経験

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami