SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.07.11

【コラム】アスピランチのエースからペスカドーラのエースへ。中村充が退路を断って臨む今シーズンへの想い

PHOTO BY軍記ひろし

共同開催名古屋ラウンドの境川決戦。今季初ゴールを奪った中村充が感情を爆発させる渾身のガッツポーズを見せた。中村にとってはゴールを奪った喜び以上の感情があった。

ペスカドーラ町田アスピランチの期待の選手として、これまでの3シーズンは特別指定としてトップチームに所属。しかし、思うように結果を出せずに悔しさばかりが残った。迎えた今シーズンは正式にトップへと昇格し、「今年ダメならクビ」と覚悟して臨んでいる。

まだ21歳で、これからのフットサル界を背負っていく年代の中村が、そこまでの覚悟を持ってシーズンを戦う理由とは──。

スクール生からトップチームへ

小学生までサッカーをプレーしてきた中村だが、中学に入学後はサッカーを辞めた。水泳部に所属しながらも「どこかでボールを蹴ることができないか」と調べて、町田が主催するスクールに参加。中学3年間は公式戦などの出場はなかったものの、そのスクールで徹底的に技術を磨いた。

「当時は(横江)怜さん、森谷(優太)さん、滝田(学)さんにコーチとして教えてもらっていました。自然とトップチームの試合も観にいくようになりましたし、その流れでアスピランチに入りました」

高校入学と同時にアスピランチに入り、そこで自分の武器である得点力を磨いていく。すると2016/2017シーズンに、特別指定選手としてトップチームに帯同することになった。

町田のスクール生からトップチームまで着実にを歩んできた中村だが、現実は厳しく特別指定選手となった1年目はFリーグでの試合出場は0。2年目からは徐々に出場機会を与えられたが「1試合に何回かピッチに立つ」スポットでの起用ばかりだった。

トップチームでは悶々とする日々。しかし対照的にアスピランチでの存在感は日増しに高まっていった。同年代であり、ともにアスピランチで戦った伊藤圭汰や菅谷知寿は口を揃えて「充のゴールに何度も助けられた」と言う。

「トップで出られないフラストレーションをアスピランチで爆発させるサイクルでした。点を獲って結果を残す。(トップチームで結果を残すためにも)アスピでは点を獲ることが自分の責任だと思ってプレーしていました」

【次ページ】トップ昇格もケガによる出遅れ

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami