SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.07.13

【F1第9節/立川・府中×湘南】2点目までは試合を掌握するもまさかの逆転負け…。主力不在の影響もある中で「言い訳はしない」(立川・府中 山田マルコス勇慈監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月13日(土)、Fリーグ2019/2020ディビジョン1 第9節の立川・府中アスレティックFCvs湘南ベルマーレが駒沢体育館で行われ、立川・府中は2-3で敗れている。

立ち上がりから積極的に出たのはホームの立川・府中。するとその勢いのままに、かいし28秒で左CKからジョーのシュートが決まって先制した。さらに9分には、完山徹一とジョーがパス交換でゴール前へと押し込んでいき、最後は後方から走り込んだ堤優太がダイレクトシュートを叩き込んだ。11分に1点を返されるとそのあとはやや主導権を握られるが、リードしたまま前半を終えた。

後半はお互いに集中した守備により、それほど決定機が生まれないつばぜり合いの状態が続く。それでも追いかける湘南がプレス強度を高めていくと、27分に同点ゴールを奪われた。さらに34分にもゴールを許し、今度は立川・府中が追いかける展開に。その後はパワープレーから湘南ゴールに迫る場面もあったが、結局そのまま試合は終了。痛恨の逆転負けとなった。

主力選手のコンディション不良も…

山田マルコス勇慈監督(立川・府中アスレティックFC)

──試合を振り返って。

ホームゲームでこの悔しい試合をしてサポーターに申し訳ないです。チームの大事な選手がケガするなど様々な理由はあると思います。言い訳はできる状況かもしれませんが、それを言い訳にしたくないです。

前半には勝てる内容の戦いを見せていましたが、逆転での敗戦となりました。とても残念な負け方ですが、勝つときも負けるときも誰か1人のせいではないです。チームで良い取り組みして、それを見せられるように頑張る必要があると思います。

そして(メンバーがいないことを)言い訳にしたくないもう1つの理由は、このリーグで戦うならば、今の与えられたメンバーでも勝利しなければいけないです。言い訳せずに、なんとかしなければいけない試合だったと思います。

渡邉知晃(立川・府中アスレティックFC)

──試合を振り返って

僕はあまりピッチに立っていないので、言えることはたくさんないですが、いい形で2点をとったのに勿体無い失点でした。相手が勢いを増してくる中で、あと一歩のボールへの反応の部分で相手の方に部があったのかなと思います。

ただ、決して、悪い内容ではなかったと思います。ゲーム運びだったり失点後に相手が勢いよくきた時の対処法だったりを学ぶ必要があります。経験ない選手もいるので、そこがチームとしてできなかった印象です。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami