SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.07.20

【F1第10節/すみだ×立川・府中】プレーオフを争う直接のライバルに2連敗「すぐに目を覚まさないと終わってしまう」(立川・府中 山田マルコス勇慈監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月20日(土)にFリーグ2019/2020ディビジョン1 第10節、フウガドールすみだvs立川・府中アスレティックFCの東京ダービーが墨田区総合体育館で行われ、立川・府中は2-5で敗れた。

立ち上がりはお、互いにビルドアップの場面でミスが目立つ展開となる。すると立川・府中は6分に失点。しかし直後には、左サイドのジョーが逆サイドに大きく展開すると、フリーとなっていた完山徹一がゴレイロとの1対1を制して同点とした。その後はチャンスを作り出すも決めきれず。すると11分、13分と立て続けに失点を喫して、前半は1-3と差を広げられて終えた。

追いかける後半は立ち上がりの21分にピヴォ当てから堤優太のゴールが決まって1点差とする。その後もジョーや内田隼太が決定機を迎えるが、ポストに阻まれるなど追いつけない。すると35分にはカウンターから失点して、再び2点差とされた。直後に新井裕生をゴレイロに置いたパワープレーに出るがチャンスを作れず。残り51秒からは皆本晃をゴレイロにするが、直後にパワープレー返しを決められて試合は終了。悔しい2連敗となった。

チームに対してキャプテンから厳しい声が

山田マルコス勇慈監督(立川・府中アスレティックFC)

──試合を振り返って。

うまく整理できるか自信がないですが、前半は悪くなかったです。2点差に開きましたが、後半の立ち上がりに点が取れました。そこには嬉しい気持ちもあって、堤選手が活躍してくれました。今は結果を重ねていて、それはポジティブな面です。

ただ今年、なんとか望みを繋ぐとしたら、早めに目覚めて復活しないといけないです。次は、無敵の名古屋が相手ですが、彼らを倒すほどの必死さを見せないといけないです。

湘南、すみだ、名古屋、大分と厳しい試合を積み重ねているなかで、そこに負けると最悪の状態になってしまいます。試合後、チームに対してキャプテンが厳しいことを言っていました。すぐに目を覚まさないとリーグ戦は終わってしまいます。

──渡邉キャプテンが厳しい言葉を残したとのことだが、具体的には?

ちゃんと受け止めろ、単純に弱い、もっと強くならないといけない、もっと磨かないといけない。そういう当たり前のことを言いました。渡邉キャプテンは物事をはっきりという人です。彼がいうことは間違いないなと思います。

──今は結果が出ていないなかで、何が一番足りないと考えているか?

湘南戦でも言い訳をしたくなかったですが、マルキーニョ選手がいないことは大きいかなと。セットのバランスの部分で困っています。組み合わせのリピートができていないです。

開幕戦で渡邉選手が退場して、その後は内田選手、皆本選手がケガをしてしまいました。クロモトもケガで、理想の組み合わせが見つかっていないのが現状です。もう1クールが終わるなかでまだ試している段階です。他のチームはもう揃っていて、我々はそれを追いかける段階です。

──1クールが次で終わるがこの成績は?

自分は一番最悪のシナリオをイメージしてプランニングしています。もっとひどい可能性もありましたが、自分としては悔しさが大きいです。最悪ではないですが、理想とは程遠い。自分としては納得できていません。今はプレーオフの枠外で、監督として1年目なので大変などと言い訳はしませんし、悔しいです。

──次節への意気込みを

名古屋と対戦しますが今の立川・府中では勝てないです。選手が何か特別なものを出せるかどうか。渡邉キャプテンの言葉が響くか。この試合の結果は別として、変化を見たいです。それがリーグへの望みになると思っています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami